ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

フットサルコラム

状況判断を早くする、判断能力を伸ばす!

全てのスポーツにおいて自分のおかれている状況を瞬時に把握し、今何をすべきか、どのような行動が最適なのかを判断することはその後のプレーや状況にものすごく影響を与えます。F1などのモータースポーツでは、その一瞬の判断ミスが大事故に繋がってしま…

体の小さい選手に立ち向かって欲しいこと

JUGEMテーマ:スポーツ 体の小さい選手がサッカー・フットサルで必ずぶつかる壁は、体格差による当たり負けと後ろから追いつかれることの二つです。 小学生・中学生だけでなく、高校生でも身体の小さい選手はいます。身体が小さい選手は大きな選手に当たると…

ランニングフォームを改善することでスピードに変化が現れる

JUGEMテーマ:スポーツ 走るスピードが遅くても良いと思うスポーツ選手は、きっといないはずです。 誰もが速く走れるようになりたいと願っているのではないでしょうか。 現状のスピードに満足していない、少しでも速くなりたいと願うならば、 走るトレーニン…

フットサル初心者のためのドリブルトレーニング

フットサルのゲームや練習、個サルなどでドリブルが上手くできない方(初心者)を対象とした、ドリブルが上達するためのトレーニングメニューを書いてみました。 トレーニングメニューの前に、まずはフットサルの特異性についてお話します。 フットサルとサ…

ジュニアの指導現場で気になったこと

JUGEMテーマ:スポーツ 今回はジュニアの指導現場を見ていて気になったことを書いてみたいと思います。普段何気なく見ていて、それが当たり前になってしまっていることもあるかもしれません。しかし、スポーツの指導で一番大事なことは何か?ということを考…

監督とコーチ、理想の関係

フットサル(チームスポーツ)における監督とコーチの理想の関係は、 一心同体であることだと考えます。 どうしてそのような考えに至ったかと言うと、 日本のチームスポーツで監督を務める方達の多くが コーチに対して下記のような問題を抱えているからです…

フットサル3級審判更新講習会~実技テスト~

2016年12月11日(日)に2017年度審判ライセンス更新のため、 フットサル3級審判更新講習会へ参加して来ました。 東京都サッカー協会での更新講習会は座学のみだったのですが、 今回は実技テストということで、初めての体験です。 東京以外の更新講習会を受講…

身体作りについて

今回は身体作りについて書かせていただきます。 (身体作り全般の話であって、単純な筋肥大ではありません。) 向上心があり、より上のレベルでプレーしたい、と思う選手は 中学生ぐらいから身体作りを始めるようになります。 (身体作りは高校生からでも遅…

ブラジルで学んだこと~パスは浮かさない~

私自身、今まで多くのことを経験して来ましたので、 ブラジル等で学んで来たことをフットボール界に還元したいと思います。 今回は選手時代に学んだことを書かせていただきます。 自分に自信がなければ海外挑戦などしないものです。 私も自信を持って渡航し…

攻守が一体となったディフェンス~前プレについて~

戦術とは戦う術であり、勝利を目指す以上はチームそれぞれにあった 戦術(戦い方)というものがあります。 そしてチーム戦術は攻撃と守備の二つに分けられます。 チームにはそれぞれ攻め方と守り方というものがあり、 例として、攻撃に関しては自陣から繋い…

審判資格を取ること、講習会に参加することのメリット

今回は、チームにおける帯同審判員の確保問題について書きたいと思います。 競技レベル問わず、協会オフィシャルリーグに加盟するには 「審判資格取得者が帯同審判員としてチーム内に2名以上いること」 が条件の一つとなっています。 ※1名だけで良いというと…

ストレッチの重要性(3)~ケガを未然に防ぐ~

2016年6月7日に行った中学サッカー部の 「ストレッチの重要性」に関する講義の続き(3)です。 スポーツなどを行った後、多くの人が筋肉痛になると思います。 これは筋肉に普段以上の無理な力が加わったために起こることで、 筋肉がピンと伸びきって固くな…

ストレッチの重要性(2)~ケガを未然に防ぐ~

2016年6月7日に行った中学サッカー部の 「ストレッチの重要性」に関する講義の続きです。 激しいスポーツをするなど、筋肉に無理な力がかかると筋肉は固くなる! ということを前回書きました。 スポーツをして筋肉が固くなっているにもかかわらず、 ストレッ…

ストレッチの重要性(1)~ケガを未然に防ぐ~

2016年6月7日に中学サッカー部にて、 ストレッチの重要性について講義を行いました。 今回は講義の内容を基に、「ストレッチの重要性」というテーマで 書いてみたいと思います。 ☆どうしてストレッチをやらなくてはいけないのか 激しいスポーツをすると筋肉…

学生チームにおけるマネージャーの役割について(2)(20160519)

学生チームにおけるマネージャーの役割について(1)の続きになります。 第二回では具体的にチームスタッフの役割について、 述べて行きたいと思います。 ※2014年11月19日に公開した内容を修正したものになります。 【チームスタッフの役割分担】 ①チーム構…

学生チームにおけるマネージャーの役割について(1)(20160516)

2016年度に切り替わって2ヶ月が過ぎ、 新チームになって新たな選手・スタッフが加わり それぞれ各チームの活動も落ち着いて来たと思います。 そこで、今回は学校の体育系部活動などで活躍している、 マネージャーさんの役割について思ったことを書かせていた…

子どもが話を聞くようになるには

今日は、チーム(スクール)の子どもたちが、 どうしたら話を聞くようになるか、 遊ぶのを止めるか、 という話を書きたいと思います。 自分自身が子どもの頃のことを思い出すと、 学校の勉強もそうですが、大人から強制的に「~しなさい」 「~をやめなさい…

出張チームクリニック【セットプレー】受け付けます!

先日、8月8日(土)行われた第17回茨城県フットサルリーグ1部2015の 第4試合にて、練習通り奇麗にフリーキックを決めることができました。 このようなフリーキックはもちろんのこと、 コーナーキックやキックインのバリエーションを広げる サインプレーのた…

心のよりどころ

チームにとって「心のよりどころ」はとても大事だと思っています。 「心のよりどころ」とは、 頼みにすることろ、支えてくれるもの、です。 試合中、苦しい時に「心の拠り所」があれば焦りは生まれませんし、 「俺たちにはこれがあるんだから大丈夫!」とい…

リーグのために審判ライセンスを取得するということ

フットサルだけでなく、サッカーもリーグ加盟するならば、 「チームに審判ライセンス有資格者が2名以上いること」 が条件となります。 上のカテゴリーのチームになれば登録上の関係で必要なだけで、 実際には笛を吹くことはほとんどなく、 運営日の第三審判…

誰もがやったことのある「鳥かご」について

海外のサッカー強豪のバルセロナは、練習の大半がロンド(パス回し)と言われています。 また、サッカーの解説者などが「三角形の重心」という話をすることがあります。 昔ながらのサッカー指導本や教本でも、トライアングルという言葉出て来ます。 私はこれ…

競技としてプレーする学生に、食生活で意識して欲しいこと

私が指導している中学~大学生に話している内容です。 独学で得た知識ですので、誤った情報かもしれません。 あらかじめご了承ください。 ※正しくは自身で調べていただくことが最善です。 ①朝・昼・晩、三食を規則正しく食べる。 ※主食、おかず、味噌汁、フ…

競技に取り組む学生に、必要な栄養素

大学生向けに作った、食事に関する内容(栄養素)です。 独学で得た知識ですので、誤った情報かもしれません。 あらかじめご了承ください。 ※正しくは自身で調べていただくことが最善です。 【スポーツ選手に必要な栄養素】 ①炭水化物(エネルギー源) お米…

プレースタイルについて

サッカーやフットサルに限らず、野球・バスケット・バレーボールなどにも、 チームにはそれぞれプレースタイルがあります。 そのプレースタイルに対する美学について、 超攻撃的フットボールを実践し、スペインで戦う ラージョ・パジェカーノの監督パコ・ヘ…

学生チームにおけるマネージャーの役割について(2)

学生チームにおけるマネージャーの役割について(1)の続きになります。 第二回では具体的にチームスタッフの役割について、 述べて行きたいと思います。 ①チーム構築+α(監督、コーチ、顧問教員) ・トレーニングスケジュール ・出場リーグ、大会の決定 …

学生チームにおけるマネージャーの役割について(1)

今回は学校の体育系部活動などで活躍している、 マネージャーさんの役割について思ったことを書かせていただきます。 本来、マネージャーとは管理者のことを指します。 しかし、昔ながらの体育系部活動では、 なぜか雑用がメインになってしまっていたり、 雑…

DFを崩すために

常々、理想を追い求めながら勝利も追求しています。 勝負事である以上、競技では当然勝利を目指します。 しかし、勝利を目指すこと=何が何でも勝つ、戦い方は何でも良い、 とはなりません。 どのようにチームプレーをしたら、プレーしている側も見ている側…

監督にとって、理想のコーチ・トレーナーとは

JUGEMテーマ:スポーツ 監督とコーチ、そしてトレーナーとの信頼関係は必要不可欠です。 三者はオン・オフ関わらずフィジカルトレーニングのスケジュール調整、 フィジカルコンディションの上げ方、 トレーニングの構築などを念入りに打ち合わせなければいけ…

代表や選抜チームに選ばれる選手たちへ

代表や選抜などのチームに選ばれる選手は、所属しているチームの活動を全うし、所属チームのスタッフやチームメイトから「行ってこい!」と、心の底から送り出される選手であるべきです。所属チームでの活動を疎かにし、スタッフ・チームメイトから信頼され…

所属チームを探している選手たちへ

来季の所属チームを探している選手たちへ伝えたいことがあります。 (1)電話での問い合わせ クラブやチームへ直接電話で問い合わせをする際、 以下の点をおさえましょう。 ●まず自分の名前を名乗る。 ●どのような用件で電話をしたのか、簡潔に伝える。 ●担…

スクールやチーム練習で必要なこと

スクールやチーム練習で最も必要なことは、対人プレーやゲームを多く行うことだと思います。そして、自主トレで最も必要なことは、体作りとボールコントロールのドリルです。体作りと技術向上は一人で出来ます。しかし、対人プレーと数人でのゲームは一人で…

原石が名古屋オーシャンズを破った日

去る2/13(日)、府中アスレティックFCのユースチームが、下部組織交流戦の試合で、名古屋オーシャンズのサテライトチームに勝つことが出来ました。まさに、ジャイアントキリングを起こした、と言っていいと思います。 名古屋オーシャンズは、つい先日Fリー…

サイドでの、1対1のディフェンスポジション

お悩み相談室、第8回目は『サイドでの、1対1のディフェンスポジション』についてのご相談です。 ────────────────────────────────────+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 『僕たちのチームは基本的にはBOXの2-2です。昨…

コラム:良いチーム作りに帰属意識は欠かせない

私が現役の時は、ベンチにいるスタッフ・選手が、全員でピッチの選手を鼓舞するのは、当たり前のことでした。理由は単純です。自分の所属しているチームが、好きだから! です。 チーム自体が好きなのだから、自分が登録メンバーであっても、メンバー外でも…

U-18フットサルリーグ審判員育成の試み

高校生たちのフットサルに触れ合いながら若い審判を育てたい、という方がいらっしゃいましたらぜひご協力をお願い申し上げます。青春の現場に立ち会えます!★興味を持っていただけた方からのご連絡をお待ちしております★ 今年度も無事に東京都ユース(U-18)フ…

U-18選抜チームの試み

今年も東京都ユース(U-18)フットサルリーグの季節になりました。本リーグは2008年度に創設され、第1回大会の成功を受けて今年で早3回目となりました。ユース(U-18)フットサルリーグでは真剣勝負の場となるリーグ戦だけでなく、U-18年代のフットサル選手育成…

PKを楽しむ

フットボールをプレーする選手の中でどのぐらいの人がPKという特殊なプレーを楽しめているでしょうか。 PKは「必ず得点出来る/絶対に1点もらえる」わけではありませんが、高確率で得点出来る機会であり、PKを獲得する事はチームにとって喜ばしい事です。し…

記事を取り上げていただきました。

フットレポブログに掲載中の記事「活気ある現場作り」を取り上げていただきました。 http://www.re-po.jp/omatome/2010/08/815.html#more 参考にしていただけたら幸いです。

活気ある現場作り

私は練習前のストレッチやブラジル体操を行う際に、必ず全選手に「かけ声」をするように指導をしています。 単純に秒数(回数)を数えさせているだけですが、それでも「かけ声」があるか無いかで練習の雰囲気が変わってきます。 かけ声を出させる理由は「自分…

集中力を持続させるためには

日本でフットボールの試合を観ていると選手やベンチから「集中!集中!」 という掛け声や「集中しろ!」という声が聞こえます。 フットボールの試合では集中力の欠如から失点をしてしまったり、ピンチを招いてしまうので、 それを防ぐためにこのような声かけを…

最適な心理的覚醒水準とルーティンワークの重要性

メンタルトレーニングを直訳すると「精神的な」トレーニングとなりますが、精神は人の心です。ですから「心」を鍛える事を指します。 筋肉が良い例ですが、鍛えられる箇所は鍛えれば鍛える程能力が向上しますので、もしそれらが必要であるならば鍛えなければ…

【心技体】の心を鍛える

フットボール(スポーツ)で良い選手には「心技体」全ての要素が高レベルで備わっていると思っています。 というよりも、備わっていなければ良い結果を得られないはずです。 様々なフットボールの教本を手に取ると載っている内容は技術(ボールコントロールなど…

ロングボールの功罪

~フットレポブログより~ 「ロングボールの功罪」と大それたタイトルをつけてしまいましたが、簡単に言えば「ロングボールの良い点と悪い点はどこか」という事になります。 実は15歳以下でのフットサル競技会ではGKからハーフウェーラインを越えるロングス…

ボールを奪いに行く勇気

某サイトにてJリーグ川崎フロンターレの稲本選手のインタビュー記事が掲載されていました。 「海外から日本に帰国してプレーしていると、どうしてもプレー面を始め、いろんな部分で物足りなさを感じてしまう。たとえば、日本やと中盤でもボールは自由に軽く…

攻撃の第一歩としてのゴールクリアランス~自陣最奥からゲームを組み立てるために~

みなさんはフットサルの試合で味方GKがボールを持った時に何を考え、どこで、 どのようにパスをもらいますか? また、ご自身がGKだったとしたら、どのように攻撃を試みますか? ゴールクリアランス時のGKのプレーは相手チームが引いて守るか、前から奪いに来…

ロングボールを禁止にしてみませんか運動(3)

久しぶりのコラムです。 高校生や中学生、小学生に【フットサル】を教えている、指揮を取っているという方にはぜひ熟考していただきたいです。 しつこいようですが、私は10代でのロングボールは反対です。 先日、この「ロングボールを~(1)」にて、 小さい頃…

ロングボールを禁止にしてみませんか運動(2)

この前、飲み会で出た「バーモントカップ」の話題に近い内容が サイト上に載っていました。 http://www.futsalnet.com/fn2009/2010/01/topics-000718.php#more サロンからカンポへ以降するブラジルでは元々のフットサルレベルが高い。 若年層から前プレを回…

ロングボールを禁止にしてみませんか運動(1)

先日、某集まりがあり、東京のU-18年代フットサルの現状、 そして各チームの戦い方について熱く語って来ました・・・。 ですが、理解をしめしてくれたのは審判の方々を含めた ごく一部で、監督やコーチ仲間は「?」でした。 「だってそれが勝利への一番の近道…

09,11/22 トカール戦 マッチレポート

●東京都フットサル女子オープンリーグ 第8節 ・対戦相手:トカール ・結果:1-8(鱒渕) 前節、何もかもやりそびれた試合をしたことで、今日はみんなで戦う気持ちだけは忘れない!と心に決めて試合に臨んだ。 ミーティングでは、できるできないでなくまずやろ…

尊敬に関する格言

瞬間的に尊敬は獲得出来るが、本物の尊敬は時間をかけて得るしかない Jリーグでは滅多に聞く事のない監督批判ですが、 海外では当たり前のように批判や批評が表に出ます。 メディアを通じて伝える場合も、直接ロッカールームで言う場合もあります。 クラブに…