ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

フットボール未経験者orフットサルビギナーチーム用の練習<2>

☆アップ(ストレッチ)

・体が運動をするための状態になっていないと思うので、

 いきなりコートを走ったりせずに、20~30分じっくりと時間をかけて

 真剣に筋肉と関節を意識したストレッチを行う。

 真剣に各部位を意識しながらのストレッチで汗を沢山かく事。

☆視野を確保するランニングゲーム

・フットサルに慣れるために、まずはコート全体を見渡せるように、

 そしてコートに散らばる味方の位置を確認出来るようになるのが大事。

 そのためのランニングゲームを行なう。

・4人1組(5人、6~8人可)のグループを作って、ボール無し。

・ボールを使わない代わりに手をあげているのがボール保持とする。

・全員がコート(ハーフコート程度)を走りながら、360度の動きを

 取り入れながらパス交換する。

 パス交換の方法は手を上げている人が、パスを出す相手の名前を言う。

 名前を言われた人が今度はボール保持者になるので手を上げる。

 味方が手を上げたのを確認したら、前ボール保持者は手を下げる。

 ↓応用

・今度はパスを出したい相手(味方)の名前を呼ぶような声は出さない。

 その代わりにアイコンタクトを利用する。

・ボール保持者(手を上げている人)はパスを出したい相手の目を見る。

 目が合った人は自分にパスが来ると予測・理解し、手を上げる事によって

 パス交換が成立する。

 前ボール保持者が本当に自分がパスを出したいと思った相手がアイコンタクトで

 実際に手を上げたらパス交換成功。

・前ボール保持者がパスを出したいと思った相手以外の違う人が手を上げたら

 ミスとする。

・ポイントはグループ全員がいつ自分にパスが来ても良いように、

 ボール保持者を絶えず見る事が重要。

 実際の試合でも同様です。当然ですね。

 ↓応用

・手でなく、実際にボールを使ってパス交換を行います。

・慣れてきたら今度はディフェンス役をグループの中に入れて

 ボールの奪い合いをするようにします。

 ディフェンスはオフェンスの半分以下の人数。

*これらの練習を行う事で視野を広く保つ事が強化され、

 尚且つチームメイト同士が声やアイコンタクトでコミュニケーションを

 とりながらパスを繋ぐ事が出来るようになります。

 

☆ドリブル練習(相手DFを抜く)

・自分のドリブルスピードをコントロールする。

 速くドリブルするボールを強く蹴ってしまい、ボールが体から

 離れてしまう人がいる。

 どのぐらいの強さでボールを蹴ればどのぐらいのスピードでドリブル

 出来るようになるかを理解する。

 自分の技術とスピードを把握する事が大事。

・抜くタイミングを考える。

 タイミングが遅いとDFにぶつかる=ボールを奪われる。

 敵に近寄り過ぎず、敵の足が届かない所にボールを運んでかわす。抜く。

・フェイントを使うならば、フェイントの動作は大きくする。

 フェイントの動作が小さいと敵はひっかからない。だませない。

☆シュート練習

・自分に向かって転がって来たボールをノートラップでシュート。

・シュートを打つ前に必ずゴールを見る!GKの位置を確認する。

・シュートを打つ瞬間はボールを見る!!ボールの中心を足の甲で

 捉えるには蹴る瞬間ボールを見る事!

・インステップシュートをは靴の紐の部分~少し上の部分で蹴る。

 (リフティングと同じ。)

・蹴る時爪先は下に向ける。爪先が下を向いてると自然と紐の部分に当たる。

・2人1組を作って、その場でインステップシュートのフォームを確認。

(1)ボールをちゃんと靴紐の部分で蹴る。

(2)足を後ろに振って蹴る!!

(3)ボールを蹴った後は必ず足をしならせて体前方へ振りぬく!

   (よくシュート後に足を地面につけて足を振りぬかないで止めて

    しまう人がいる。これだと体重がボールに乗らないので強い

    シュートが打てない!)

(4)力を入れすぎるとフォームが崩れるので、足を後に引く動作は力を

   抜いて、【軸足の踏み込み】を力強く、【ボールに足が当たる】

   インパクトの瞬間に足に力を入れて振り抜く!

☆ゲーム

・GK無し6対6

 サッカー・フットサル共に目的はゴールにボールを入れる事。

 1点ゲームというルールにしてDFを抜いても抜かなくても

 得点すれば勝利

 

*ポイント

・ゴールが見えたらシュートを打つ。

 GKがいないのだからこの事を意識してゲームを行う。

**********************************

以上