ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

正しいキックをするためには

☆インサイドキック

○味方へのパス、コースを狙ってシュートを打つ時に使う。

・踝を中心にした、一番面積の大きい部分でしっかりとボールの中心を蹴る。

軸足を強く踏み込む。

・蹴り足は蹴る前の動作として必ず後ろに引く。

・後ろに引いてから勢いをつけて蹴る。しなりを利用する。

・蹴った後、必ず足は振りぬく!

 蹴った後に足を地面につけて止めてしまう人が非常に多いです。

 これではちゃんとボールに力が伝わらないので、

 良いキックが蹴れません。

・蹴った後、蹴り足は元の位置に戻す。

☆インステップキック

○強いシュートを打つ時に使う。

○遠くの味方へパスを出す時に使う。(低くて速いキック)

・足の甲(靴紐の部分)で蹴る。

軸足を強く踏み込む。

・蹴り足は、蹴る前の動作として必ず後ろに引く。(しなりを利用する。)

・後ろに引いてから勢いをつけて蹴る。

・ボールをちゃんと見る。ボールをしっかり見る事でボールの中心を

 しっかりと蹴る事が出来るようになる。

・低くボールを蹴る時は軸足をボールの横に踏み込んで、

 ボールの真ん中から上辺りを強く蹴る。

・高くボールを蹴る時は軸足をボールより少し後ろに踏み込んで、

 つま先から靴紐の部分でボールの下を強く蹴る。

・シュート時にボールをふかしてしまう場合、軸足の踏み込みを

 もっと深くして蹴り足の膝をボールにかぶせるように蹴ってみましょう。