ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

PIVOとは?ターンしてシュートを打つ事の重要性

PIVO=ポルトガル語ポストプレーをする選手

フットサルではこのPIVOと呼ばれる選手(PIVOの位置に入った選手)

が試合で重要な役割を担います。

相手ゴール前のペナルティエリア内もしくは付近でボールを

キープ出来れば、そこから多彩な攻撃が可能になるからです。

ALAから受けたパスを再度リターンしてワンツーパス、

寄って来たALAに落としてシュートを打たす、

FIXOに戻して再度攻撃の形を作り直させる、

自らがターンして得点を狙う。

と様々です。

ですが、これらの中で一番ポイントとなるプレーは「ターン」です!

基本的にPIVOをマークするのは相手FIXOですが、

このFIXOはPIVOがターンする事一番嫌がるし、怖がります。

それはターンされてしまえばそれがそのまま失点に繋がるからです。

FIXOはディフェンスする際、一番ケアするのはこのターンです。

まずターンされないようにディフェンスするのがセオリーです。

話をPIVO側に戻しますが、PIVOはターンしようとするから

ALAやFIXOへのパス・落としがプレーしやすくなります。

ターンを狙わなければ相手FIXOは前に出て積極的にボールを奪おうと

するので、ALAからのパスをカットされるのはもちろん、

ボールをキープする事すら難しくなります。

ですが、PIVOがターンを狙う動きを事によって相手FIXOは前に

出て来れなくなるので、ボールキープが容易に出来るようになります。

この事を覚えて下さい。