ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

07,4/15 U-18練習

07,4/6 U-18練習

☆アップ

・360度、様々な動きを取り入れ実際をイメージしながらのランニング。

☆ストレッチ

☆ラダーを使ってのアジリティトレーニング

体幹トレーニング

☆ボールキープの練習

・2人1組でボールを1個使う。

・オフェンスとディフェンスに分かれ、オフェンスはディフェンスを

 背負った状態になる。

・オフェンスはボールから離れ、足で一切ボールに触れずに

 体(背中)を張ってディフェンスからボールを守る。

・プッシングなどのファウルは当然禁止。

・オフェンスは体を張る時には片腕で行わず、両腕と背中全面を

 ディフェンスに預ける。

・オフェンスは体を張る時に体を「くの字」に曲げない。

 「くの字」のように腰を曲げてしまうと体勢を崩しやすいので、

 背中はディフェンスに預けるように反る。

 当然腰は低く。

☆PIVOのシュート練習(1)

・PIVOの背中にディフェンスが軽く手を置く。

 ディフェンスが背中の右側に手を置いたら左にターン。

 ディフェンスが背中の左側に手を置いたら右にターン。

 というように、ディフェンスの腕を支点にしてすぐにターン出来るように

 癖をつける。実際の試合中に、どのような状態になったら左右どちらに

 ターンしやすいかをすぐに判断出来るようにするため。

☆PIVOのシュート練習(2)

ペナルティエリアの頂点付近で敵を背負ってのプレー。

・2タッチでシュート。

・味方からのパスをまずトラップするが、そのトラップでターンする。

 【1タッチターン】を狙う!

・1タッチでのターンは難しいが、ボールを斜め後ろにはじくようにすると

 スムーズにターン出来る。

・ボールを横に動かしてもターン出来ないうえ、シュートも打ちにくい。

・斜め後ろにターンするとシュートを打ちやすい。

☆PIVOのシュート練習(3)

・ゲーム形式

・2チームに分かれての勝負。

・ディフェンスはファウルをしてはいけないが、真剣に激しくボールを

 奪いに行く事。

・オフェンスはシュートを打てるように頭を使ってターンする。

☆ゲーム

***********************************