ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

脱ビギナー・中上級を目指すチーム練習!

フットサル脱ビギナーを目指すチーム用の練習です。

フットサルを始めて1~2年ぐらい経ち、パス・シュートなどの練習に

工夫を持たせたり、より基礎技術を向上させるための練習になります。

また、真剣に上達したい!中・上級を目指したいという方にはとても良い

基礎練習ですのでレベル問わず基本トレーニングとしておすすめします。

**********************************

☆アップ

・7分間走(コート右回り・左回り)

☆ストレッチ

☆アジリティトレーニング

・ラダー

・ハードル

☆パス練習(1)

・菱形になり、右回りでパスを回して行く。

・パスをもらう際にフェイクをかける。

・トラップは右足裏。

・パスを出したら出した方に抜ける。

・同様に左回りも行う。トラップは左足裏。

☆パス練習(2)

・パス練習(1)と同様にパスを回して行く。

・パスを出した方向とは逆サイドに抜ける。

☆パス練習(3)

・パス練習(1)と同様にパスを回して行く。

・パスを出した選手がFIXO、パスを受けた選手がALAとなる。

・FIXOはALAにパスを出したのち、ためを作ってからALAに寄って行く。

 (パスはALAにとって敵から遠い足に出す。)

・ALAは足裏でボールをキープし、FIXOが寄って来たらそのまま足裏で

 軽く落とし、落としのボールをFIXOはPIVOにノートラップでパス。

・右回り、左回り両方。

☆1対1

・オフェンスは裏でもらうのか、フェイクをかけて足下でもらうのか

 判断を早くする。

・必ずフェイントをかけて駆け引きで優位に立つ。

・ディフェンスはパスが出た瞬間に寄せる。(予測するディフェンス)

・ディフェンスは常に中切り。

☆3対2

・2チームに分かれる。

・各チームはそれぞれのゴール裏に待機。

・攻守の切り替えを早くしなければいけない練習。

・オフェンス3人が攻めてシュートを打つか、ボールを奪われたら3人の

 うち1人が抜け、残る2人がディフェンスになる。

・相手オフェンスの攻撃が終わった瞬間にゴール裏でボールを持って待機

 していた選手がドリブルでコート内に入る。

・最初にディフェンスをしていた2人と一緒に3人で攻める。

・常に3対2のシチュエーションになるように素早く攻める。

・攻撃が終わったら即ディフェンスになる!

・守りきったら即攻めに頭を切り替える。

・ディフェンス2枚のうち1人はファーストディフェンスとして

 相手オフェンスのボール保持者にプレスをかける。

 そうしないと好きにプレーされてしまう。