ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

09.9/27(日) ユースフットサルノート

☆U-18参加メンバー:平、碓、櫻、寿、川、大、蘭、好、河

☆U-15参加メンバー:原、盛

●アップ

・コートを左右3周ずつランニング

・1点マッチのペラドン(3タッチ、シュートはヘディング)

●ストレッチ

・大きな声で元気良く、全員で声を出す。

・1種目8×2

●ダイヤのパス回し

・時計回り(右足トラップ→左足パス)

・逆時計回り(左足トラップ→右足パス)

●へドンドからのシュート確認

・FIXO,PIVO,左右ALAに分かれる。

 FIXOがボールを保持した状態からスタート。

 FIXOが左ALAにパスを出す。

 FIXOが左ALAにパスを出すと同時に右ALAは右サイドの裏を狙うようにサイドライン際を裏に走る。

 裏を取る動きをするとDFが裏に引っ張られるので、真ん中にスペースが出来る。

 その空いたスペースに右ALAは下りて来る。

 FIXOは右ALAが裏に走って空いた右ALAのスペースに動く。

 パスをもらった左ALAは真ん中の空いたスペースに下りて来た元右ALAにくさびのパスを出す。

 くさびのパスをもらった元右ALAは簡単にFIXOにリターンパスを出す。

 リターンパスをFIXOがもらっている間に元PIVOは左サイドライン際を下がって来て、

 左ALAのポジションを取る。

 元FIXOが右サイドの裏を取り、そこへリターンパスを受けた現FIXOがスルーパスを出す。

 スルーパスを受けた元FIXOはファーポストへシュート。

 逆ALAがファーポストに詰めてプッシュシュート。

●ゲーム

<話した内容>

・ビブスを持ち帰った選手は練習に来れない時は誰かに預ける。

・ストレッチの声出しはONとOFFの切り替えのため。

 「これから練習を始めるぞ!」と気持ちを切り替えるために、練習を始めるための準備なのだから、全員で大きな声を出す。

・トップチームの試合前の雰囲気つくりを見習う。

・JYが全日本ユースの1次Rを突破した報告。

・9/28(月)JY練習の話。

・9/29(火)練習試合の話。

・9/30(水)練習の話。

以上。