ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

09.10/4(日) ユースフットサルノート

☆U-18参加メンバー:平、靖、大、川、絢、横、蘭、寿、尾

☆U-15参加メンバー:露、河、盛、原

●アップ

・コートを左右3周ずつランニング

・フリーランニングしながらのパス回し

●スキップ

・子供スキップ(小さくダラダラとしたスキップ)

・ノーマルスキップ(腕と足を大きく振りながら綺麗なフォームでのスキップ)

 を20mの距離を1往復。

・前後行う。

・小さく細かく速くステップを踏むスキップを前後左右1往復ずつ。距離は20m。

・爪先タッチスキップ

・かかとタッチスキップ

・股関節開くスキップ、前後

・股関節閉じるスキップ、前後

●ストレッチ

・全員で大きな輪になって、1人1種目ずつ8×2秒。1周。

 指示する1人が4まで数えて、他全員で5~8。

・ストレッチの声出しはONとOFFの切り替えのため。

 「これから練習を始めるぞ!」と気持ちを切り替えるために、

 練習を始めるための準備なのだから、全員で大きな声を出す。

●GKのアップ

・正面グラウンダー

・正面浮き球

・左右グラウンダー

・左右浮き球

●ダイヤのパス回し

(左右への素早い展開(足裏ボールコントロールからのパス))

・マーカーを5m間隔で菱形にセットする。

・各マーカーの一歩後ろに1人ずつ立つ。

・マーカーがDFだと想定して、マーカーにボールを当てないように意識する。

・体の向きは対面の人を向く。

 例えば、右側にボール保持者がいて、その選手からパスをもらうからといって

 その選手を向いてしまうと、反対側にパスを出すのにいちいち向きを変えて、

 なおかつボールも足裏で転がして動かすため時間がかかってしまう。

 時間短縮及び、スムーズに逆サイドにパスを展開出来るように、

 体の向きは対面の人を向いて、自分以外の3人(右、左、正面)全員が

 見れるようにする。

<時計回りのパス回しの場合>

・右から来たパスは右足でトラップし、足裏でボールを軽く左に転がして、

 軸足となる右足を一歩踏み込んで左足でパスを出す。

<逆時計回りのパス回しの場合>

・左から来たパスは左足でトラップし、足裏でボールを軽く右に転がして、

 軸足となる左足を一歩踏み込んで左足でパスを出す。

※GKもパス、トラップの精度向上のためにFPと一緒にプレーする。

●クワトロのパス回し

●クワトロのパス回しからの攻撃(1)

・クワトロ→エントロ→ALAとPIVOのパラレラ→逆ALAがセグンド

●クワトロのパス回しからの攻撃(2)

・クワトロ→エントロ→FIXOへ落とし→FIXOからALAへロングボール→逆ALAがセグンド

●クワトロのパス回しからの攻撃(3)

・クワトロ→サイ→裏へロングボール→逆ALAがセグンド

●ゲーム

・常に逆算して考える。

・目的は得点する事だから、まずはゴールにボールが入ったシーンをイメージ、

 そして、その得点という結果に至るまでの過程を描く。

 どのような過程で得点出来たかをイメージしたパス回しからの崩しが重要。

 そのイメージをどれだけ全員で共有出来るかがポイントである。

<話した内容>

・10/4(日)大会運営の労い

・10/5(月)U-15練習及び自主トレの話

・10/6(火)練習の話

・10/8(木)練習の話

・10/10(土)ユースリーグの話