ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

09,10/8(木) ユースフットサルノート

☆U-18参加メンバー:平、川、絢、櫻、外、寿、碓、蘭、裕

●2対1

・ボールは全てGKから。FPは全員GKから25m程度離れた位置に縦3列(両サイドラインと中央)を作り、 

 3人が横一列に並んで待機。

・GKが3人のうち誰か1人にボールを投げる。ボールを受けた選手がディフェンスとなる。

 ボールを受けたディフェンスはGKからのボールをノートラップで他2人のうちどちかに出す。

 出したらディフェンスとして即GK側へ戻る。

 ディフェンスからバールを受けた2人がオフェンスとして攻撃を開始する。

・ディフェンスはGKの指示を聞いて、左右どちらのパスコースを限定するのか、

 寄せるのか、シュートコースを切るのか、再度追いかけるのか、

 GKと連動して守る事。

 

●ストレッチ

・全員で大きな輪になって、1人1種目ずつ8×2秒。1周。

 指示する1人が4まで数えて、他全員で5~8。

・ストレッチの声出しはONとOFFの切り替えのため。

 「これから練習を始めるぞ!」と気持ちを切り替えるために、

 練習を始めるための準備なのだから、全員で大きな声を出す。

コーナーキックの確認

・1番~6番

●ゲーム

・クワトロ、ヘドンド、エイト、どれか1つではなく、状況に応じて陣形を変え、

 パス回しも変化させていく。

・どこでしかけるのか、どこで崩すのか?ポイントをおさえる。

・全ては逆算のプレー。

 ゴールの中にボールが入って得点した場面から「巻き戻し」をして、

 どのような経緯で得点出来たのかをイメージしてパス回しをする。

<話した内容>

・パス回しは得点するためのプレー。目的は得点。だから得点した場面から

 逆算してプレーする。

・元アルゼンチン代表監督「マルセロ・ビエルサ」の話

・10/10(土)リーグ開幕戦の話

・10/12(月)Fリーグ運営の話

・練習着の話