ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

09,11/12(木) JYフットサルノート

☆U-15参加メンバー:盛、西、晃、鈴、角、住、頼、堀、原、井、泰

☆平コーチ

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ブラジル体操

・寒いので静的ストレッチではなく、動的ストレッチを行う。

・踵タッチ

・腿上げ

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・股関節閉じる、開く

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

●ペラドン

・5対5+フリーマン 

・3タッチでプレー。シュートは1タッチ。

・得点時に攻撃側選手全員がセンターラインを越えていないとノーゴール。

・パスをもらう前に首を振る。

・お互いがフォローをして選択肢を増やす。

・攻守の切り替えを早く。

●3対2での数的不利な状況での守り方解説

・2ndDFへの指示の出し方

・1stDFのポジショニング

・1st、2ndのカバーリングについて

●3対2

・6分間ひたすら3対2をめまぐるしく行う。攻守の切り替えを早く!

・オフェンスのプレーが切れたら即攻守を入れ替える。

・オフェンスから1人抜け、ゴール裏からボール保持者がオフェンスになって出て、

 元ディフェンスの2人とあわせて3人で攻撃。

・6分ゲームを3本。

・3対2のカウンターではボール保持者が頂点の逆三角形にならなくてはいけない。

 ボール保持者が最後尾になり、両サイドが早く攻めあがる事でパスコースが増えるし、

 相手のDFが整う前にシュートまで持って行ける。

・味方が追いつかないパスはもったいない。

・マイボールを大事にする。

・3対2はサッカーもフットサルもセオリーは同じ。

・ディフェンスはつるべの動き。1stがパスコース限定、2ndが寄せる。

 2ndが寄せたら1stはすぐに下がる=カバーリングを徹底。

・ボールホルダー(ドリブル)が頂点にならない。他2人は全力でサイドを駆け上がる。

 ボールホルダーが底辺の逆三角形。

・パス&ゴーを徹底。ワンツー3本でラストはファーポストで無人のゴールにプッシュが理想。

●ゲーム

<話した内容>

・プレー中はとにかくしゃべる。口を開く。フットボールでは常に何か声に出す。

 そして足も常に動かしてポジショニングを修正する。

 プレー中に口も開かない、足も止まっているという状態でいることは無い。

 オフェンス時ならば味方に今の状況がわかるよう指示を出し、自分がパスを受けて得点に絡むポジションか

 フォローのためのポジションどちらかに必ず走らなければならない。

 ディフェンス時ならばボールのラインよりも下がる、

 PIVOならば誰よりも先にボールにアプローチ、「自分がボールに行く」と味方に伝える、

 そしてALAもしくはFIXOの指示に従ったポジションを取る。

 (左右どちらかパスコースを切ったり内を絞る)

 ALAならばまずは自分よりも前にいるPIVOに指示を出す。

 そしてFIXOの指示に従ったポジションを取る。

 FIXOから内切り、縦切り、振り向かせない、寄せる、という指示がでるので、その指示通りに動く。

 FIXOならば自分以外全員に指示を出し、なおかつカバーリングのためのポジションを取る。

 というように、オフェンスでもディフェンスでも、「口と足は動かさなければいけない」。

 それはフットサルが攻守の切り替えが頻繁にあるスポーツで、なおかつ団体競技だから。

 自分自身でフットサルというスポーツを選んだのだから、口を閉じてる、その場に止まってボ~っとしているというのは無しにする。