ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,2/4(木) JYフットサルスクール

☆U-15参加メンバー:西、晃、原、鈴、弘、歩、隼、泰、堀、頼、住、正

☆U-18参加メンバー:露

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ペラドン

・7対7

・プレーは3タッチ以内、シュートはヘディング。

●ブラジル体操

・寒いので静的ストレッチではなく、動的ストレッチを行う。

・踵タッチ

・腿上げ

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・股関節閉じる、開く

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

●ボール奪取(1)

・1人1個ずつボールを保持し、センターサークルの中にメンバー全員が入る。

・常にボールを体の近くに置きながら、自分以外全員のボールを全てサークル外に出す。

・なるべく背中を向けず、ボールを前に置いた状態で奪い合う。

・足裏、インサイド、アウトサイドを駆使してボールをコントロールする。

・後ろや横を向いてボールをキープしようとしないで、前を向いて相手とボールをさらしながらプレーする事を心がける。

●ボール奪取(2)

・上記と同様にセンターサークル内でプレーをするが、参加メンバー8名のうち、

 4名がボールを保持、4名がボール無しの状態から始める。

 1分後にボールを保持していた選手が勝ち。

フットボールはシュートを何回決めたかを競うスポーツである。という事はボールを持っていなければ

 シュートが打てない=得点出来ない。となる。

 ではどうするか?いかなる場合でもボールを奪に行くという気持ちが必要であり、

 なおかつ実際に積極的に奪いに行く事が出来なければ試合に勝つ事は出来ない。

 だからこそ、このように選手にボールを絶対に奪わなければ行けない状況を作り出すトレーニングが重要となります。

●ボール奪取(3)

・上記をハーフコート内でプレーをする。

 プレーエリアがセンターサークルからハーフコートの広さとなり、広大なスペースが出来る。

 そのため、ボールキープするためのドリブル(方向転換及びスペースへ走る)が重要となる。

 DF側は2人もしくは3人で連動しなければボール奪取が難しい状況になっている。(スペースが広いから)

・1分後にボールを保持していた選手が勝ち。

●ボール奪取(4)

・上記を2人1組×4チーム作ってプレー。4チームを4色のビブスで分ける。

 各チームは同じ色の選手同士しかパス交換は出来ない。

 DFの2人1組×2チームはボールを奪う方法に制限は無い。(手は使えない)

・オフェンスはドリブル、パスをもらうためのフェイク、ボールをキープする腕と体の使い方を覚えられる。

 DFは数人で連動して奪う。

・1分後にボールを保持していたチームが勝ち。

 

●ボール奪取(5)

・上記を4人1組×2チームでプレー。ボールは1個。

・単純に4対4でのボールの奪い合い。

・1分後にボールを保持していたチームが勝ち。

●3対1からの2対2(攻守の切り替え~カウンター合戦)

・ボールは全てGKから出す。

・FPはセンターラインよりも後方(GKから見て奥)に下がり、

 右サイドライン際、コート中央、左サイドライン際の3箇所に分かれる。

・DF役は第2PKマーク付近で待機する。

・OFは全て1タッチプレー。2タッチ以上は禁止。

 パス8本以内でシュートまで行く。

 9本目がシュートは不可。最低でも8本目がシュートである事。

・DFはOFのパス本数を大声で数える。GKと連携してシュートブロックするため、

 OFのパスが何本目なのかGKに知らせる必要がある。

・OFが得点したらDFは同じ選手が連続して行う。

・OFがパスをミスしたり、シュートをミスしたらミスした選手がDFとなる。

・パスが8本を越えた場合は8本目のボールを蹴った選手がDFとなる。

・DFがパスの本数を数え忘れたら連続でDFを行う。

※GKを引き付けて、逆サイドのポストへ3人目が走り込んで無人のゴールに

 プッシュして得点するプレーが理想。

・オフェンスがシュートを決める、外す、DFがクリアする、いずれかで3人のプレーが終わったら攻守が一気に逆転。

 オフェンス側のラストプレーをした選手がピッチ外に出て、残った元オフェンスの2人がDFとなる。

 オフェンス側のプレーが終わった瞬間にゴール脇に待機していた選手がドリブルを開始し、

 元DFと一緒になって素早く攻撃する。

 ここから2対2。

 攻撃を開始した2人がシュートを決めるか、GKがセーブしたら終了。

 DFがボールを奪った場合のみ、再度攻守が逆転し2対2を続行する。

※最初に3対1のDF側がカウンターで攻撃し、2対2から得点しない限り、最初の攻守の立場は変わらない。

 2対2で得点出来るまでずっと3対1の1DFを続ける。

<話した内容>

・オンとオフを切り替える。楽しんでプレーするのは良いけれど、「楽しむ」と

「ふざける」では意味が違う。

ふざけた態度で練習に臨んでいたらいずれ大怪我をしてしまう。

例えば、仰向けになって腹筋に力を入れていればボールを落としても耐えられるが、

誰かがくすぐって笑っている時にお腹にボールを落とした苦しむぐらい痛いはず。

笑っている時は筋肉が緩んでいる時なので、その状態でプレーをしたら怪我をするのはイメージ出来るはず。

それがわかるなら「楽しむ」と「ふざける」を履き違えない事。

要注意。