ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,3/7(日) 第2回クラブ内ユースチーム対抗戦 1次R

☆U-18参加メンバー:平、碓、川、高、梯、裕、寿、櫻、尾、外、蘭、好、絢

☆U-15参加メンバー:盛、真、泰、丸

●Aチーム:川、碓、梯、高、平

●Bチーム:尾、裕、横、盛

●Cチーム:櫻、寿、真、外

●Dリーム:泰、蘭、好、丸

[第1試合]

Aチーム対Bチーム : 4-2(A平2、碓2、B横)  

※引き分け

[第2試合]

Cチーム対Dチーム : 2-1(C寿、外、D好)  

※C勝利

[第3試合]

Aチーム対Cチーム : 0-4(C真2、櫻)  

※A勝利

[第4試合]

Bチーム対Dチーム : 5-1(B横2、裕、D丸)

※B勝利

[第5試合]

Aチーム対Dチーム : 6-2(A碓4、平、高)

※A勝利

[第6試合]

Bチーム対Cチーム : 2-2(B横、C寿、真)

※B勝利

<順位>

1位:Cチーム 勝点7 得点8 失点3 得失点+5

2位:Aチーム 勝点6 得点10 失点8 得失点+2

3位:Bチーム 勝点4 得点9 失点7 得失点+2

4位:Dチーム 勝点0 得点4 失点13 得失点-9

<話した内容>

・センターライン付近からフリーで打たれて失点する理由はなぜか?

 理由→寄せないから、シュートコースに立っている選手が避けるから

 はっきり言って、やってはいけない失点。

 壁が避けたらGKはブラインドで見えないし、取れない。

 そして、もし見えていたとしても強力なシュートだったらファンブルするし、

 コースが良ければ直接決められてしまう。

 GKは全能なスーパーな選手ではない。

 なぜ、「ここからなら失点しないだろう、打って来ないだろう」と思う。

 相手を見下している証拠、そして自分の力を過信している事でもある。

 フットボールをバカにしている。

 シュートコースが空いているなら、打つのがフットボールの常識。

 得点を競い合うスポーツなのだから、距離は関係無い。シュートコースがあるかないか、

 ただそれだけ。

 空いているなら打つ。それがフットボール。だからこそ、「ここからなら失点しないだろう、

 打って来ないだろう」という考えはバカげている。おかしい。

 全力でプレーをしていない!

 ディフェンスは守備ではなく、奪取だと言っている。

 それなのに、フリーで打たれるのは奪取という気持ちがないから。

 しかもシュートを避けるなんてGKに失礼極まりない。

 ボールを奪いに行かない、シュートを避ける選手は即メンバー外の対象となります。

 フットボーラーとしてはありえない思考だから。