ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,3/23(火) ユースフットサルノート

☆U-18参加メンバー:平、大、絢、横、尾、外、裕、高、康、丸

☆U-15参加メンバー:露、真、歩、盛、原、泰、元

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ペラドン

・8対8

・3タッチプレー

・シュートはヘディング。

●ブラジル体操

・寒いので静的ストレッチではなく、動的ストレッチを行う。

・踵タッチ

・腿上げ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・股関節閉じる、開く

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

●GKアップ

・ロングスロー

・正面上下キャッチ、左右セービング

・左右セービング(足)

●3対1

・ボールは全てGKから出す。

・FPはセンターラインよりも後方(GKから見て奥)に下がり、

 右サイドライン際、コート中央、左サイドライン際の3箇所に分かれる。

・DF役は第2PKマーク付近で待機する。

・OFは全て1タッチプレー。2タッチ以上は禁止。

 パス8本以内でシュートまで行く。

 9本目がシュートは不可。最低でも8本目がシュートである事。

・DFはOFのパス本数を大声で数える。GKと連携してシュートブロックするため、

 OFのパスが何本目なのかGKに知らせる必要がある。

・OFが得点したらDFは同じ選手が連続して行う。

・OFがパスをミスしたり、シュートをミスしたらミスした選手がDFとなる。

・パスが8本を越えた場合は8本目のボールを蹴った選手がDFとなる。

・DFがパスの本数を数え忘れたら連続でDFを行う。

※GKを引き付けて、逆サイドのポストへ3人目が走り込んで無人のゴールに

 プッシュして得点するプレーが理想。

●ゲーム

・1stセット:平、尾、横、高

・2ndセット:大、真、康、裕、外

・3rdセット:盛、歩、原、泰、元、丸

※1分ゲーム

<話した内容>

・試合残り時間が短い状況では余計な事は一切考えない。ボール一つに集中して、

 目の前のボールを奪う、相手ゴールにシュートを決める、ただそれだけを考えてプレーする。

・数的不利な状況でボールを奪うにはGKと連動する必要がある。

 人数が少ないのだから、パスコースを限定してGKが飛び出してボールを奪えるようにする。

 「パスがここにしか来ない!」という状況を作り出せば、GKは楽に飛び出してボールを奪えるので、

 人数が少ないという事が不利にならない。

・得点にこだわる。多少遠くてもシュートコースが空いていたら打つ、

 利き足で打てないからといって利き足で打ちやすい位置へボールを運んでしまったら

 シュートを打つ角度がなくなって、結果得点に繋がらなくなる。

 ピッチ中央でボールを持って、なおかつシュートコースが空いていたら

 距離が遠くても、利き足でなくても積極的にシュートを打つ。

 シュートを打つからオウンゴールファンブルなどが起こって、得点出来る可能性が広がる。