ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,4/11(日) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:翔、武

☆U-18参加メンバー:碓、平、裕、寿、康、尾、櫻、蘭、外、梯、横、真、歩、陽、高浩

☆U-15参加メンバー:盛、泰、西、元

●ペラドン

・10対10

・3タッチプレー

・シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

●ストレッチ

・暖かかったので、静的ストレッチを行いました。

・全員で大きな輪になって、1人1種目ずつ8×2秒。約1周。

 指示する1人が4まで数えて、他全員で5~8。

・ストレッチの声出しはONとOFFの切り替えのため。

 「これから練習を始めるぞ!」と気持ちを切り替えるために、

 練習を始めるための準備なのだから、全員で大きな声を出す。

●ミラードリル

・2人で向かい合い、プレーヤーと鏡役を決める。

・ピッチの横幅を使ってプレーをする。

・プレーヤーはピッチの横幅を左右、自由に動いて良い。ただし、サイドステップで

 腰を落として素早く動く。サイドジャンプではなく、サイドステップ。

 鏡役はプレーヤーの動きに合わせて可能な限り速く真似するように動く。

・1プレー30秒を4セット。インターバルは15秒。

●アジリティトレーニング(1)ラダー

・1マスに前進で2歩

・1マスに前進で1歩

・1マスに横向きで2歩(左向き、右向き)

・クロスステップ

・ツイスト(左向き、右向き)

・シャッフルステップ

・3点ジャンプステップ(右→正面→左→正面→右→正面→左、これの繰り返し)

 跳ぶのではなく、ステップ。滞空時間を短く速く細かく。

●ペラドン

・10対10

・3タッチプレー

・シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

・コーチがビブスの色を指定したら、その色のビブスチームはタッチ制限無しでプレー。

●4-0のパス回しからの崩し

・4-0の解説。エントロの解説。パラレラとワンツー、そしてドリブル突破と

 裏へのスルーパス及びロングボールなど、多彩な攻撃を可能にする。

●4-0→ダイヤ→4-0→を駆使してのゲーム

・1stセット:平、碓、裕、寿

・2ndセット:櫻、康、尾、横

・3rdセット:翔、武、蘭、外

●ゲーム(2分ゲーム)

・1stセット:平、碓、裕、寿

・2ndセット:櫻、康、尾、横

・3rdセット:翔、武、蘭、外

・4thセット:真、陽、西、盛

・5thセット:泰、歩、元、コーチ

<話した内容>

・ゲームの合間の休みでは可能な限りチームメイト(紅白戦のセット)同士で

 直前のプレーについて議論を交わす。

 良いプレーがあれば、なぜ良いプレーが出来たのか、どのようなイメージだったのか

 という話し合いがあっても良い。

 失点していたら失点した原因を考え、それを修正するための有意義な議論をする必要がある。

 練習と練習外をONとOFFで分ける考えを持つ。

 どんなに仲が良いチームメイトでも、紅白戦で同じセットでなければ一緒にいるメリットは無い。

 それよりも普段はあまり仲が良いとは言えない関係(先輩後輩)だとしても、

 監督・コーチが決めたセットである以上、紅白戦の合間には良いフットサルをする=勝利するために、

 議論や会話をする必要がある。

 紅白戦はそれぞれのセット毎にチームをまとめるリーダーがいるかいないかで

 明暗が分かれる。

 チームを良い雰囲気にしたいならば人任せにせず、自らがチームを引っ張れば良い。

 勝敗はしない。

 チームを勝利に導こうという姿勢でいる事が重要。