ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

2010年東京都フットサル女子オープンリーグ第二節 府中AFCPraimary戦レポート

10.5/3に東京都フットサル女子オープンリーグ第二節を戦って来ました。

対戦相手は私の所属クラブでもある府中アスレティックFCのレディースチーム・Praimaryでした。

結果は開幕戦に引き続き0-8で敗戦。

昨年の対戦時よりも多く失点してしまいました・・・が、対戦相手は10代多数の若くて走れて技術あるチーム。

うちはO-30のサッカー未経験者チーム。そして交代無し!!

それで0-8は頑張りました。

数字という結果だけで見れば完敗と思われますが、チーム事情と対戦相手とのチーム力を分析すれば

0-8は御の字だと思います。

そして何より、サッカー未経験者チームでも前後半30分のうちに強豪チーム相手に得点出来そうな場面を作れ、

惜しいチャンスも数回迎えられたのは実は凄い事なのでは?と自画自賛してしまいます。

親バカに近い感覚で評価してしまっていますが、心も折れずに最後まで得点を目指して戦った姿に感動しました。

なぜ0-8で負けておいて好評価なのかと申しますと、

開幕戦の前半で全く出来なかった事(後半で修正出来てチームとしてのやる事を理解出来た事)が、

第二節では少しは「狙って」プレー出来ていたからです。

DFとDFの間(平行まで)に入ってのワンツーパス、利き足を使わせずに右サイドとPIVOの位置で奪うDF、

これらが完全に出来て、ボールも前から奪いに行けるようになった時が本当のMIRACLONの姿です。

現在は交代無しという状況なので仕方無く、本当に仕方無くハーフコートDFとしています。

メンバーが増え、交代出来るようになって体力に多少余裕が生まれたら「前」からボールを奪いに行きたいです。

それが私のやりたいフットボールだからです。

ただし、ハーフコートからのDFだからといって、「守りに備える」ための守備=DFをしているわけではありません。

勘違いされる方もいらっしゃいますが、「ハーフコートDF=引いて守る」ではありません。

引いて守るチームは「失点したくない」「シュートを打たせない」事を第一に考えますが、

MIRACLONはあくまで「ボール奪取」です。

ハーフコートまで下がってDFしますが、「失点しない、失点を減らす、守りきる」DFではなく、

ボールを奪いに行くDFです。

まだ全員揃って練習をした事が一度もありませんが、半年後もしくは年度末ぐらいには

良いフットサルが出来るようになると思います。

2009年度も全日本選手権予選と東京都カップでは2部の各上相手の好ゲームが出来ました。

とても時間がかかりますが、暖かく見守っていただけたら幸いです。

MIRACLONレディースでは新メンバーを大募集中です!!

詳しくはコチラから

宜しくお願い致します。