ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,6/8(火) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:武、史、孝、雄

☆U-18参加メンバー:平、碓、健、横、尾、真、外、櫻、至、蘭、好、露、陽

☆U-15参加メンバー:盛

●アップ

・コートを左右3周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ランジウォーク

・前後30mを一本ずつ。

・正しいフォームで行う。腰を落としたら膝が地面につくぐらいまでの位置を2秒キープ。

●ペラドン

・9対9

・3タッチプレー。

・シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。

●ストレッチ

・静的ストレッチを行う。

・個別に自由にストレッチする。

●1対1(ALAの位置)

・FIXO、オフェンス、DFに分かれる。

 ALAの位置でオフェンスはDFを1対1の形を作り、FIXOからパスをもらう。

 裏を取れれば裏に走ってスルーパスを要求。

 DFがついてきたらフェイクで止まり、足下で受ける。

・DFは内切り。縦にドリブルさせて体を当ててボールを奪う。

●FKの確認

・ポジションは固定。

・各チームのセット毎に変化自由。

●対サテライトチーム練習試合

<話した内容>

・移動中の注意事項(電車、自転車)

・6/20(日)全日本選手権の話

・自分がプレーをしていない時に何を考えているか?

 自分はプレーをしていないから関係ない、他選手がプレーをしていても何も感じない、

 と思うならばチームとって必要が無い存在と言える。

 ベンチにいる時にプレーしている選手になんて声をかけるか。

・それぞれ目標、目的の違い選手が集まっている状態でどうしたらチームが勝てるか、考えて行動する。

・チームメイトに対して文句を言う選手は手本となるプレーをしなければいけない。

 文句は言う、しかし自分もやらないでは信頼を得られない。

・個人個人でバラバラなチームは勝てない。本当にこのチームでフットサルをプレーしたいのか。

 心の底からそう思うならば行動で示して欲しい。