ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,6/10(木) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:原、晃、井、弘、泰、盛、西、隼、佑、住、夏、勝、唐、正、前、秀、礁、頼、寛、裕

●アップ

・コートを左右3周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ランジウォーク

・前後30mを一本ずつ。

・正しいフォームで行う。腰を落としたら膝が地面につくぐらいまでの位置を2秒キープ。

●ドリブル基礎技術練習

・ディフェンスを左右に揺さぶるために必要なドリブルの基礎練習。

・左右インサイドを使う。左右のインサイドを交互に。

・左右のアウトサイドを使う。左右のアウトサイドを交互に。

・上記の1タッチバージョン。左右のアウトサイドを交互に。

・ダブルキック(インサイド)

・ダブルキックからのアウトサイド

・アウトサイド→足裏

シザースを混ぜて

●体重移動

・まずディフェンスを左右どちらかに動かす。そして、ディフェンスの膝に体重が載った瞬間に逆を突く。

 するとディフェンスは急な逆方向への移動がスムーズに行えないので簡単に抜く事が出来る。

●1対1のライン突破

・3m幅でマーカーを置き、そのマーカーとマーカーの間にDFは片足で立つ。

 DFは前後には動けず、マーカーとマーカーの間だけ左右に動ける。動く際は片足(ケンケン)。

・オフェンスはDFを左右に揺さぶり、DFの膝に体重が乗った時に逆を突く。

 

●1対1(1)

・FIXO、オフェンス、DFに分かれる。

 ALAの位置でオフェンスはDFを1対1の形を作り、FIXOからパスをもらう。

 裏を取れれば裏に走ってスルーパスを要求。

 DFがついてきたらフェイクで止まり、足下で受ける。

・DFは内切り。縦にドリブルさせて体を当ててボールを奪う。

●1対1(2)

・上記にセグンドをつけて。

●1対1(3)

・FIXOとALAのワンツーパスを選択肢に加える。DFの立ち位置や寄せるスピードで 

 ドリブルorワンツーパスを選択する。

●ゲーム

・1stセット:盛、泰、原、西

・2ndセット:弘、晃、井、頼

・3rdセット:隼、住、原、佑

・4thセット:唐、高、寛、裕

・5thセット:前、礁、秀

<話した内容>

・良識派の話(安部公房)

・試合に出るには