ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,8/3(火) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:雄、史、木、武

☆U-18参加メンバー:尾、横、梯、碓、健、櫻、寿、翼、真、露、高浩、蘭、裕

☆U-15参加メンバー:原、盛

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●円陣

・円陣を組み、全員が自分の今日一日の課題を発表。その後、気合入れ。

●ブラジル体操

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。

 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。

 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●ペラドン

・8対8+フリーマン

・3タッチでプレー、シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

●2対1

・フルコートで行う。

・片方のゴールにGKが立つ。

・もう片方のゴール前にフィールドプレーヤーが3人横並びになる。

 その3人のうち、真ん中の選手に反対側ゴールにいるGKが強くロングスローを出す。

・真ん中の選手はGKからのロングスローをノートラップで左右どちらかの選手にパスを出す。

 左右どちらかにパスを出したらDFになり、まずはセンターライン後方まで戻る。

・左右どちらかの選手がパスを受けたら攻撃開始。そこから2対1で攻める。

・オフェンスはカウンターを意識しなくてはいけないので、時間をかけず、

 パス本数も少なくしシュートまで持って行く。

 DFのポジショニングが悪かったら1人でドリブル勝負し、シュートを打つ。

・オフェンスは1人多い状況なので、確実に得点する事が求められる。

 お互い、何処にパスが欲しいのか、それとも一人で勝負させるのか

 しっかりとフォローの声(指示)を出す。

・DFはまずは自陣側へ「戻る」!

・基本はワンサイドカットで逆サイドの選手への折り返しのパスを出させ

 ないようにする。そしてじりじりと間合いを詰めて行き、ボール奪う。

・ボールを奪えなくても、ドリブルに並走し、シュートを打たれる際に

 足を投げ出してシュートブロックする。

・もし逆サイドの選手にパスを出されたら、慌ててボールを追いかけない。

 そこで振られたからといってボールを追いかけると、更に逆に振られて

 しまうので、失点する確率を高めてしまう。

 そういう場合はまずはGKに任せて、自分は目の前のマークを外さない事。

 そうすればGKが飛び出して、GKをFPと見立てれば2対1の状況が2対2になり、守りきれる。

・GKはDFが逆に振られた瞬間に前に出る!決して迷わない。

●パワープレーの攻守確認

【攻撃】

・GKはセンターサークル付近に待機し、右ALAへパスを出す。

 GKが右ALAにパスを出すと同時に右サイド奥の選手はケブラでPIVOの位置に入って来る。

 右ALAはDFが縦切りだったらPIVOとワンツー、内切りだったら縦にドリブル突破、

 両方無理だと感じたらGKへバックパスを出して、右サイドライン際を前方に走ってスルーパスをもらう動きをする。

 GKは出せるならば右ALAへスルーパスを出す。無理ならば右ALAが元いた位置へドリブルしてシュートを狙う。

 それらも無理ならば一度PIVOもしくは左LAにパスを出す。

・陣形はBOX+PIVO 

【守備】

・4人はBOXになって、前の2人は最初は内絞り。GKからサイドにパスが出たらボールサイドの選手は縦切り。

 逆サイドの選手は内絞り。前方の2人はつるべの動きを取る。

 後ろの選手も少しずつポジションをサイドと内と絶えず修正する。

●ゲーム

<話した内容>

・ピッチに入れる時間前に着いているならば、それまでにアップ、ストレッチ、ランジ程度は終わらせておく。

 ピッチに入った瞬間にボールを使った練習が出来ればそれだけ多くのトレーニングが出来る。

 ピッチに入ってからアップ、ストレッチなどに時間を費やすのはもったいないと思えないか。

・BチームはAチームがさぼっている時に一緒になってサボっていたらAチームを追い抜けない。

 それで良いのか?本当にAチームに上がりたいと思うならば、Aチームが楽をしている時に自分を追い込むべき。

 周りと同じ事をやっていて上に行けると思うな。

 AチームはAチームにいる事で満足か?下に落ちたくない、より良いプレーが出来るようになりたい、

 Aチームの中でスタメンになりたいという欲求があるならば、他の選手がサボっている時に自分を追い込む。

 全員がこのような意識で取り組めば自ずとチーム力は上がって行くが、そうでない場合は低下して行く。当然の話です。

 なぜこのクラブ、このチームでプレーをしているのか初心に戻る。