ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,8/5(木) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:盛、晃、原、鈴、弘、頼、井、住、隼、佑、勝、清、唐、寛、裕、礁、前

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●動きながらのボールコントロール

・2人1組でボールを1個保持。

 2人は常に2mぐらいの短い距離を保つ。

・ボールを持っていない側(A)が後ろにジョグで下がりながらAの足下へ浮き球を放る。

 そのボールをBはインサイドキックで返す。

 左右両足でプレー。

 続いて、インステップキック両足交互、ヘディングもプレー。ヘディングは腕を使って強く。

●コーディネーショントレーニング

・2人1組でサイドライン同士で向かい合う。

(1)パワーポジションの姿勢から両手でボールを持って、下手投げで

 ボールをパートナーへ放る。

・踵と爪先→膝下→腿→腰→背筋→腹筋→肩→手→ボール

 というように、身体全体の力を足から伝えていって、

 最後にボールに力を加えて放るようにする。

 腕の筋力だけで放るのはタブー。それだとコーディネーションにならない。

・柔軟も兼ねているので、身体の隅々まで意識しながらプレーをする。

(2)サッカーのスローイングのように、両手でオーバースロー

(3)指指しターン

・4人1組になり、プレーヤー以外でトライアングルを作り、プレーヤーが

 3人の真ん中に入る。3人は常に自分以外の2人(左右)を指で指し、

 プレーヤーはその指に従ってターンする。

 ターンする際は常に指されたサイドの選手と生態

●ブラジル体操

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。

 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。

 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●スペースに入る動き~逆ALAケブラ~

・4人がダイヤの陣形になる。

・FIXOがボールを保持した状態からスタート。PIVOは相手陣内のPKマークまで開く。

 PIVOが奥行きを使う事によってピッチの中央にスペースが生まれる。

 FIXOは真ん中のスペースに入らせたい選手を決めておく。

【左ALAがケブラの場合】

・FIXOは左ALAの選手に「~ケブラ」と大声で指示を出す。必ず名前を呼んで、誰だれケブラ!となるように大声で言う。

 「~ケブラ」と叫ぶと同時に右ALAの足下へパスを出す。

 左ALAはFIXOから「~ケブラ」と言われた瞬間に真ん中のスペースへ走り出す。

 走り方は右ALAに向かって真っ直ぐ。蛇行したり前後しない。右ALAに向かって真っ直ぐ走る。

 右ALAはFIXOからのパスをトラップorノートラップで真ん中に入って来た左ALAにパスを出す。

 パスを出すと同時に「ワンツー」と指示を出す。

 「ワンツー」と言うと同時に右サイドライン際を前方に走り出し、ケブラで真ん中に入って来た

 元左ALAは右サイドのコーナーアーク付近めがけて1タッチでワンツーパスを出す。

 トラップしてしまうと後ろのDFに寄せられる危険があるので、1タッチプレーを心がける。

 右ALAが元左ALAにパスを出すと同時にPIVOはファーポストへ移動する。

 ※GKとカバーリングに入ったDFの位置を見て、ファーポストでもらえない場合はPKマーク付近で待機し、

 右ALAに「マイナス!」と大声で指示を出す。

・ワンツーパスで抜け出した右ALAはPIVOの「ファー」or「マイナス」の指示に従って

 シュートパスを出す。

●ゴールクリアランスからの前プレ回避

・GKがボールを保持してスタート。オフェンスはBOXの形を作る。DFはマンツーマン。

※1stDFの2人はGKから直接PIVOに当てられないように、最初は内絞り。

・GKが相手陣地側にいるオフェンス2人のうちどちらかに「~ケブラ」と名前を呼んで誰がケブラなのか指示を出す。

 ケブラと言われた選手はピッチ中央へ下りる。GKは直接PIVOに当てられるなら当てて良い。

 PIVOに当てたら「ターン」「マノン」どちらかを指示する。

 PIVOに当てられない場合は近くの選手にパスを出し、パスをもらった選手は目の前のDFの立ち位置によって

 縦パスを使うかPIVOを使うか選択する。判断を早くする。

 PIVOを使った場合はピッチの中側にスライドし、PIVOからリターンパスを受ける。

 4人はダイヤの陣形になるようにバランスを整える。

●ゲーム

・1stセット:盛、晃、原、頼

・2ndセット:鈴、弘、井、住

・3rdセット:佑、勝、唐、寛、裕

・4thセット:隼、清、前、礁

<話した内容>

・フットサルは団体競技である以上、自分さえ良ければそれで良い。という考えではチームが機能しない。

 チームメイトがミスをした時にけなしたり、文句を言う事は誰でも出来るし、それをやってしまったら

 信頼関係が崩れチームがバラバラになってしまう。チームがバラバラになってしまうのだからチームとしての力が下がってしまい、

 勝てる試合も落としてしまう。

 団体競技で必要なのはお互いのミスをフォローし合うという考え方です。誰かがミスをした時に文句を言うのではなく、

 そのミスを自分がフォローしてあげれば致命的なミス(失点)につながらない可能性がある。

 確かに卓越した技術を持つ個人能力の高い選手は必要だが、自分自身の技術は高くなくてもチームメイトの力を

 10%でも引き上げる事の出来る選手がチームにはより貴重な存在と言える。

 全員がお互いの力を引き上げられれば、それはチーム力アップにつながる。