ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,9/2(木) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:原、盛、晃、西、弘、堀、泰、井、住、夏、正、隼、清、佑、寛、唐、裕、幸、勇、壮、礁、前、秀

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ランジウォーク

・前後30mを一本ずつ。

・正しいフォームで行う。腰を落としたら膝が地面につくぐらいまでの位置を2秒キープ。

●動きながらの足裏トラップ

・2人1組でボール1個保持する。ピッチの横幅を使う。

・ボールを持っていない側(A)が後ろにジョグで下がり、そこにもう1人(B)がパスを出す。

 Aは後ろに下がりながら足裏で前に押し出すトラップをし、そのままピッチ中央までドリブルする。

 Bはパスを出すと同時に後ろにジョグで下がって行く。

 Aはピッチ中央までドリブルしたらBへパスを出す。

 Bは後ろに下がりながら足裏で前に押し出すトラップをし、そのままピッチ中央までドリブルする。

Aはパスを出すと同時に後ろにジョグで下がって行く。

 これの繰り返し。

●ブラジル体操

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。

 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。

 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●数的優位の作り方解説

(1)パラレラ

(2)ブロック

(3)ワンツーパス

(4)1対1が強い選手のために意図的に自分のDFを引きつけ、味方に1対1の勝負をさせる。

アイソレーション

●2対2

・ハーフコートで2対2。

・マルチボールシステム。プレーヤーがボールを拾いに行く時に休む時間を無くす。

・ボールがラインを割った場合は相手チームのGKからゴールクリアランスで再会。

・コートを取り囲むようにボールパーソンを配置し、ゴールポスト脇にはGKにボールを渡す役としてサーバーを配置する。

 GKが常にボールを投げられるように用意する。

・GKへのバックパスは通常ルールとする。

・2分間、同4人がプレーする。

・DFは前からプレスをかける。

・ハーフコートの広さしかなく、相手DFは常に前プレで来るので、

 裏を取る事を意識してフェイクにしたり、DFと前後の動きで駆け引きを行う事。

・局面で2対1の数的優位を作り出す動き(ワンツー、パラレラ、ブロック)を駆使して、打開する。

・1対1に強い味方がいるならば、アイソレーションを使うのも1つの方法。

・攻守の切り替えを早くする。

・攻めているゴールに背を向けてトラップしたオフェンスがいるならば、後ろから強く当たり、

 オフェンスのバランスを崩す。

 可能ならば奪う。

・オフェンスはサイドラインに背を向け、常に攻めているゴールを向く姿勢でパスを受ける。

●ゲーム

・2,3年生対1年生

<話した内容>

・1対1でDFを抜けなければボールを前に運べないのだから、別の方法を考える。

 1対1を挑んで抜けないならば2対1の状況を作り出す。

・1年生はまずは2対1の状況を作り出せるように工夫する。1対1に固執し過ぎている。

 練習で1対1をしかけなければドリブル力は向上しないのだから、ドリブルで1対1の勝負をするのはOK。

 しかし、体勢やシチュエーションによっては明らかに無謀と思える1対1になってしまう場合もある。

 その時は無理に1対1を仕掛けるのではなく、味方を有効に使い、2対1を作り出す。

・3年生は身体能力で楽に抜ける相手との対戦ならば、楽をして抜くのではなく、プレーの幅を広げるように

 自分で練習の質を高める。

 2対1の作り方がワンツーパスしかないので、パラレラやブロックを組み合わせるなどバリエーションを増やす。