ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,9/16(木) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:雄、木、武、孝

☆U-18参加メンバー:碓、尾、横、高、浩、露、真、蘭、裕、風、健

☆U-15参加メンバー:盛

●アップ

・各自、自由にアップ及びストレッチ

●ペラドン

・8対8

・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。

・シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

●円陣

・円陣を組み、全員が自分の今日一日の課題を発表。その後、気合入れ。

●2対2~FIXOとPIVOの攻防+ALA

・ALAがボールを保持してスタート。ALAの2m前には内切りをしたDFを配置。

 オフェンスの2人目として相手陣内のペナルティエリアと同ラインのサイドいっぱいに開いた位置にPIVOを配置する。

 PIVOのDFは少し離れた位置で、なおかつパスが出たらすぐ寄せられる距離で待機する。

・ALAは開いたPIVOに縦パス。縦パスを出すと同時にDFの裏を通るようにピッチ中央へ向かって走り出す。

 パスを受けたPIVOは後ろにいるDFにボールを取られないようにボールをキープしてからピッチ中央へ走ったALAヘパスを出すか、

 もしくは縦パスをノートラップでピッチ中央の選手へ折り返す。

・ALAのDFは縦パスを追いかけて挟みに行く。

 PIVOのDFはピッチ中央へ折り返しのパスを出させない守り方をしながら、尚かつ絶対にターンをさせてもいけない。

 非常に難しい守り方だが、出来るようになればレベルアップへと繋がる。出来なければ強力なPIVOがいるチームに

 劣勢になってしまう。

●ゲーム

・碓、尾、横、高、孝、健、風

・木、武、盛、真、蘭、裕

<話した内容>

・選抜チームの活動は2月の東京都ユースフットサル10周年事業がメインとなる。

 選抜チームに選ばれた選手はその後のプレーが怠慢だったり、他選手が良いプレーをしていれば

 当然選考から漏れてしまう。

 代表もそうだが、入る事よりもそのチームに所属し続ける事が重要であり、難しい。

 選抜チームに入ってそこで満足せず、毎回の練習で自分を追い込み他メンバーに更に差をつけるぐらいの気持ちで

 取り組んでもらいたい。

 他メンバーは良いプレーを続け、なおかつ練習で選抜選手に勝つ事が出来れば2月は入れ替わりで

 選抜チームに入れる可能性がある。頑張ろう!