ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,9/28(火) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:木、郁

☆U-18参加メンバー:碓、平、健、浩、露、真、櫻、寿、蘭、高

☆U-15参加メンバー:盛

●ペラドン

・6対6+フリーマン

・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。

・シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

●円陣

・円陣を組み、全員が自分の今日一日の課題を発表。その後、気合入れ。

●ブラジル体操

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。

 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。

 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●2対2からの1対2

・FIXOの位置にボールを集め、FIXOがALAにパスを出してスタート。

・FIXOはパスを出すだけの役割。基本はALA対ALAの1対1+PIVO対FIXO。

・オフェンスのPIVOは固定。PIVOは左右に動かない。

・DFは1stDFと2ndDFに分かれ、ALAのDFが1stDF、PIVOのDFが2ndDFとなる。

 2ndDFが1stDFに「中を切れ」と指示を出し、縦に行かせるようにオフェンスのALAを誘導する。

 オフェンスに縦にドリブルして来たら1stDFに「寄せろ」と指示を出して、

 2ndDFがライン際の縦のコースに素早く体を入れてボールを奪う。

・ボールを奪う時は足で行かずに腰と腿、そして腕を使って体で奪いに行く。

 ボールを奪えばDFの勝ち。

・1stDFと2ndDFの寄せが甘くてPIVOにパスを出せるならばPIVOへパスを出して

 PIVOがシュートを打っても良い。シュートを打てばオフェンスの勝ち。

・左右両サイド行う。

●3対2

・7分間ひたすら3対2をめまぐるしく行う。攻守の切り替えを早く!

・オフェンスのプレーが切れたら即攻守を入れ替える。

・オフェンスから1人抜け、ゴール裏からボール保持者がオフェンスになって出て、

 元ディフェンスの2人とあわせて3人で攻撃。

・6分ゲームを3本。

・3対2のカウンターではボール保持者が頂点の逆三角形にならなくてはいけない。

 ボール保持者が最後尾になり、両サイドが早く攻めあがる事でパスコースが増えるし、

 相手のDFが整う前にシュートまで持って行ける。

・味方が追いつかないパスはもったいない。

・マイボールを大事にする。

・3対2はサッカーもフットサルもセオリーは同じ。

・ディフェンスはつるべの動き。1stがパスコース限定、2ndが寄せる。

 2ndが寄せたら1stはすぐに下がる=カバーリングを徹底。

・ボールホルダー(ドリブル)が頂点にならない。他2人は全力でサイドを駆け上がる。

 ボールホルダーが底辺の逆三角形。

 ボールホルダーを追い越す動きを徹底する。

・パス&ゴーを徹底。ワンツー3本でラストはファーポストで無人のゴールにプッシュが理想。

●ゲーム

<話した内容>

・オープンリーグでうちに引き分けたチームが3勝1分で、うちは1勝1分2敗。

 この差はどこから出るものなのか考える。

・試合では最初から負ける事を考えるチーム、選手はいない。まずは勝つ事を考えて試合に臨むはず。

 ではなぜ試合が始まるとフットボールの本質を忘れてしまうのか。

 フットボールは「得点を競うスポーツ」なのだから、シュートを打たなければ

 勝つ事が出来ない。しかし、シュートが打てる場面でもなぜかDFをもっと

 崩そうと余分なパスを出してしまっている。

 何かに挑戦する事は良い事だし、新しい何かを取り入れようとしたり、

 自分の苦手な何かを試そうとするのは良い事だと思う。

 しかし、チームが負けていたり、同点の場面でもそれをやるかどうかが問題。

 チームの勝利に貢献する。それが選手の義務。何かやりたい事があるならば、

 まずはチームを優位に立たせるために得点を奪う。

 そして勝利を決定づけられたら何かに挑戦をする。

 内容に拘るあまり、フットボールの本質を忘れてはいけない。