ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,10/4(月) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:原、鈴、晃、堀、弘、西、泰、井、住、夏、隼、清、佑、勇、唐、裕、前、稜、黒

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ランジウォーク

・前後30mを一本ずつ。

・正しいフォームで行う。腰を落としたら膝が地面につくぐらいまでの位置を2秒キープ。

●クワトロのパス回し及びエントロの解説

・ボードを使っての解説

・ケブラは奥行きを使って、前にいる選手がDFとDFの間に下りて来る動きだが、エントロは

 後ろの選手がDFとDFの間に入る動きになる。

 自陣側の選手がDFとDFの間に入るとスペースが生まれる。そのスペースに相手側陣地にいた選手が下りて来る。

 すると下りて来た選手が元いた位置にスペースが出来るので、可能であればフェイクの動きで裏を狙う。

・裏を使わない場合は下りて来た選手に横パスを出し、DFの間にいた選手が下りて来た選手が元いた位置へ動き、

 空いた真ん中のスペースには横パスを出した選手が入る。

 抜ける時は「く」の字になるよう動きで抜けて行く。いつ自分がフリーになってパスが来ても良いように

 常にボールを見ながら動く。

・エントロの動きで真ん中に入った選手を使った場合はALAの選手が絡んでサイドで数的有利を作る。

 エントロの選手とALAでパラレラ、もしくはワンツーパスで崩す事も可能。

・スペースを作る動きとスペースを埋める動き。4人全員が自分以外の3人を見て、常にフォローする。

●クワトロのパス回し

・マーカーを左右対称に置き、パスを出した後の走るコースを覚える。

●クワトロからの攻撃(1)]

・クワトロ→エントロ→ALAとPIVOのパラレラ→逆ALAがセグンド

[クワトロからの攻撃(2)]

・クワトロ→エントロ→FIXOへ落とし→FIXOからALAへロングボール→逆ALAがセグンド

●クワトロのパス回し

[クワトロのパス回しからの攻撃(1)]

・クワトロ→エントロ→ALAとPIVOのパラレラ→逆ALAがセグンド

[クワトロのパス回しからの攻撃(2)]

・クワトロ→エントロ→FIXOへ落とし→FIXOからALAへロングボール→逆ALAがセグンド

[クワトロのパス回しからの攻撃(3)]

・クワトロ→エントロ→FIXOへ落とし→ダイヤの形からALAへパス→FIXOとALAのパラレラ→

 PIVOがセグンド

[クワトロからの攻撃(3)]

・クワトロ→サイ→裏へロングボール→逆ALAがセグンド

●ゲーム

・原、泰、浩、頼

・鈴、井、住、夏

・西、堀、隼、勇

・清、佑、唐、裕

・前、稜、黒、平コーチ

<話した内容>

・新しくやったパス回しを覚えるためにもノートを活用する。

・ユースチームの練習へは誰もが参加出来る物ではない。実力が認められた選手だけが参加出来る名誉ある事。

 選手が出たいと言って参加出来るものではないし、チームメイトに「一緒に行かない?」と誘う物でもない。

 自分が挑戦したい、やりたい、上手くなりたいと心から思うならば自分一人で来る。

 遊びではない。心細い。一人では参加出来ない。という気持ちならば、まだ上に挑戦出来る精神状態ではないという事。

 技術ややる気だけでなく、精神的に自立出来るまではユースチームではプレー出来ない。

 周りに流されず、自分の意志で挑戦して欲しい。