ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,11/18(木) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:晃、堀、西、清、隼、佑、勝、裕、住、正、夏、井、唐、平、前、秀


●アップ
・コートを左右2周ずつドリブル。
 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。
 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●指示出しトレーニング
・3人1組になり、パス出し、プレーヤー、DFに分かれて縦一列になる。
 それぞれの間隔は5m程度。
・パス出しとプレーヤーは向かい合い、DFはプレーヤーの後方5mの位置に待機。
 パス出しがパスをプレーヤーに向かって出すと同時に、DFがプレーヤーの背後へ体を寄せるか、静観する。
 DFがプレーヤーの背後に寄って来たらパスを出した選手は「マノンor戻せ」と大きな声で指示を出す。
 もしDFが寄って来ずにその場から動かないようならばDFとの距離が空いているので、
 「ターン」と指示を出す。プレーヤーは「ターン」と指示されたら素早く、そしてスムーズに
 ターンをして、次のプレーに移れるようにイメージトレーニングをする。

●首振りトレーニング
・4人1組になり、パス出し、プレーヤー、サーバーに分かれる。
 それぞれの間隔は5m程度。
・パス出しとプレーヤーは向かい合い、サーバーはプレーヤーの両サイド5mの位置に待機。
 あらかじめサーバーの2人は片手で0~5の数字を指で表示する。
 パス出しの「ハイ」という合図の後にプレーヤーは両サイドの指を見て、数字を答える。
 プレーヤーが数字を答え終えたらパス出しはプレーヤーにパスを出す。
 プレーヤーはトラップして、パスを戻す。
・1人10回プレーする。

●ペラドン
・12対12
・3タッチでシュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。
 (PIVOの前に出て奪う)
・首を振り、常に周りの状況を把握する。視野の確保を行う。
 パスをもらってから顔を上げていてはプレーが遅すぎる。
 フットボールは刻一刻と周りの状況は変わって行く。
 パスをもらう前に首を振っておき、状況にあわせてプレーを選択する。

●ゲーム