ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,12/1(水) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:武
☆U-18参加メンバー:碓、健


●リフティング(1)
・回数を制限するリフティングを全員が輪になってプレー。
 リフティングパスをする際に、相手に回数を伝える。
 パスをもらった選手は指定された回数内で他選手へパスする。

●リフティング(2) 
・部位を制限するリフティングを全員が輪になってプレー。
 リフティングパスをする際に、相手に部位を伝える。
 (足裏、膝、尻は無し)
 パスをもらった選手は指定された部位で他選手へパスする。

●パスゲーム
・3対1でオフェンスは2タッチプレー。
・常にパスコースが2つになるようにフォローする動き。
 ボール保持者は同様に体の向き、視野の確保を意識する。

●フットバレー(1)
・高さ30cmのネット越しに2対2のフットバレー。
 相手側へ返す際に叩き付けるボレーシュートを試みる。
ボレーシュート、強い浮き球のトラップ、2人の声の掛け合い、指示出しトレーニング。

●フットバレー(2)
・高さ2mのネット越しに2対2のフットバレー。
 高い浮き球のトラップ、2人の声の掛け合い、指示出し、コミュニケーション能力向上トレーニング。

・コーナーアークからファーサイドへ出された浮き球パスをボレーシュート
・左サイドからのパスは右足シュート、右サイドからのパスは左足シュート。
 ためを作って振り抜く。
・浮き球パスは膝下のスナップを効かして速いパスを出す。


<話した内容>
・高校3年生は進路を考える。本当にフットサルの世界でトップを目指すならば大学進学が
 トップ昇格にどのような影響を与えるか考える。
 トップに昇格すれば全国へ遠征に行かなければならず、なおかつ毎日午前と午後の2部練習がある。
 学校があるからといって午前練習に参加出来ない選手がトップに昇格出来るとは思えない。
 トップチームでプレーをしたいならば相応のプレー環境を自分で作らなければいけない。
 大学で学びたい事とトップチームでプレーしたい想い、両方を天秤にかけた時にどちらが重いのかは自分次第。
 自分が人生で何を成し遂げたいのかを考え、後悔をしない選択をするように。
 人生の分岐点です。