ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

ドリブルの練習方法を教えて下さい。

お悩み相談室、2回目はTさん(女性)からのご質問で、
『ドリブルの練習方法を教えて下さい。』になります。
Q : Tさん(女性)より
───────────────────────────────────────
 ドリブルができないので練習したいのですが、 どんな練習方法が効果的なのでしょうか?
 最近まわりがとても上手な女の子ばかりで、パスよりもドリブルを要求されて…
肩身が狭くフットサルを楽しめない状況になりつつあります。
 この状況を打開するにも、ドリブルを練習してみようと思います。 とにかく触れ!!
というのは重々承知していますが、小学生のようなスポンジの柔らかさを失った今、
それだけでは無理なような気がしてしまって。。。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
A : コーチより
───────────────────────────────────────
 ドリブルが上達するための練習方法についてお答えする前に、
フットサルの特異性についてお話します。

フットサルでは敵が常に自分の目の前(2mぐらい前)にいます。
ですから足裏・足他部分問わず、体から少しでもボールを話すと
すぐにボールを奪いに寄せて来る!という事を覚えておいて下さい。
さて、ドリブルが上達するための練習方法ですが、
まずはボールを前に蹴ってどの程度のスピードならボールが体から離れずに
ドリブル出来るかを知る事が大事です。クリニックなどでドリブルをしてもらうと、
体からボールが離れてしまってボールに追いつけない人
(体がボールに置いていかれている)を見ます。

それは、ボールを1回のタッチで強く蹴りすぎているためで、
まずは蹴ると言うよりも、軽く押し出すような柔らかいタッチで、
たえずボールを体から離さないようにドリブルする練習が必要です。
ボールが常に足の先(ボールに触れる部分)から10~20cmほどの距離にあるように
意識して下さい。

そして、その次にやる事は「顔」をあげる事。 
下を向いてボールばかり見てドリブルしていると目の前に敵がいるのか、
味方はどの位置にいるのか、たった今、その瞬間でとっさにシュートorパスは
出来るのか?といった事が一切わかりません。
ほとんどのプレーが出来ないと言っても過言ではありません。
余裕を持ってプレーするために、顔をあげてドリブルする練習も大事です。 
いきなりずっと顔を上げてドリブルするのは難しいので、慣れるまでは、
2回ボールに触れたら1回顔を上げるような感じで徐々に顔を上げる回数・時間を
増やして行くと効果的です。

バリエーションとしては、
・「両足の内側を使って左右交互にボールに触ってドリブル」
・「両足の外側を使って左右交互にボールを触ってドリブル」
・「片足だけで足の内側と外側を交互に使ってボールを触ってドリブル」
・「足裏を使って後ろにボールを引いてドリブル(足裏を使って前に進むことも)」
・「足裏を使ってボールを内側に転がして横に進むドリブル(足裏を使ってボール
を外側に転がして横に進むドリブルも)」
・「片足を使って、足裏で内側にボールを転がしたら足の外側を使って外に押し出すドリブル」etc・・・ 
沢山あります。

※最後に、 
ドリブルは、「パス・シュート」を行なう前の1プレーに過ぎません。
ゆっくりドリブルしながら顔を上げて、味方と敵の位置を確認して、味方が
良い位置にいるからパスを出す!相手GKの立ち位置が悪くてシュートが打てる
からシュートを打つ!といったプレーを行なうために必要な技術であって、
長い距離をドリブルしたり、ボールを持ったら必ず目の前の敵を抜く!
といったプレーはチームにとってあまり良くありません。 

試合中のどの場面、どんな時にドリブルを使えば効果的に攻められるのか、
得点出来るのかを考えながら練習して行って下さい。
そして、必ず練習した事の成果を発揮するためにも沢山ゲームをこなすように
して下さい。それがレベルアップにつながります。