ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

パスを回して来るチームに対して、守る時に意識する事

お悩み相談室、第5回目は『パスを回して来るチームに対して、守る時に意識する事』についてのご相談です。

────────────────────────────────────
『細かいパスを繋いで回して来るチームを相手にした時に、ディフェンスで気
をつける事。守るポイントを教えて下さい。』

 Q:Bさん(男性)より
────────────────────────────────────
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  A:akiコーチより
────────────────────────────────────

そうですね・・・まず一番大切な事は、ボールを奪うライン設定をしなくてはいけないという事です。そして、次に意識しなくてはいけないのはメンバー全員で連動してボールを奪いに行く!という事です。 

ボールを奪うライン設定とは、相手陣地の奥深いところから『前プレ』をしかけるのか、それとも少し引いたところからボールの出所をおさえるのか、もしくは完全に引いてハーフから守るのか、を決める事です。

誰か1人が前から勝手にボールを追いかけてはオフェンスに簡単にパスを回されてしまいます・・・。 一発でかわされたら数的不利になってしまうから厳しいですよね? ですから、オフェンスに簡単にパスを回させないように、数的不利にならないためにも『ボールの奪いところ』を定めなくてはいけません。 

上記の約束事を決められたら次は『ボールの奪いどころ』を意識しなくてはいけません。簡単に説明しますと、 「いつ! どんな時!」が一番ボールを奪えるのか・・・です。 それは、 
・トラップした瞬間 
・パスが乱れた時 
・トラップした選手の体の向きが横しか向いていない時 
・ドリブルのタッチが大きくなった時
です。

これらを見定める事が大事です。 常に回されているパス(ボール)とオフェンス(敵)の状態を見る事で、トラップした瞬間やパスが乱れた瞬間がわかります。 また、それらがわかるためには全ての選手の動きとボールの流れを『予測』しなくてはいけません。 特にALAは予測する事が必須です。

ある1人の選手(前方にいる1stDF)にパスコースを限定させる事によって、 パスコースは1つor2つに絞れると思います。 そしてパスコースを限定したら、ボールを保持している選手の体の向きでどこにパスが出るのかを『予測』し、なおかつパスの受け手がトラップした瞬間に全速力でボールを奪いに行きます。
ただし、パススピードや自分の距離もあるので、もし一発でかわされそうだなと思った飛び込んだり、むやみに奪おうとはしない事。相手選手の2m手前で止まり、その場で足を細かく動かして腰を低く落として素早く動けるようにします。これらの事をDF全員が【連動】して行う事を意識させると良いと思います。 

ただし、メンバーは試合中ころころ入れ替わると思うので、試合中は一番後ろのFIXOが全メンバーに前から奪いに行くのか、それともハーフまで引いて守るのかを大声で指示を出し、常に全員のポジションを修正し続けなくてはいけません。

総括すると、ポジション別に・・・
○PIVO=中を絞るポジショニング。相手PIVOへのパスを出させない。
○ALA=予測するDFで相手ALAに自由に前を向かせない。パススピードが
     弱かったらFIXOからの横パスをカット。スライディングしてでも
     奪う覚悟で臨む。
○FIXO=DFのライン設定の指示出しと、ボールを奪いに行く時は
    『今だ! (奪いに)行け!』とはっきりと伝える事。

チームとして狙い通りのDFが出来たらもっとフットサルが楽しく感じられますし、良い試合が出来ると思います。