ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

初心者チームにむいているDF方法

お悩み相談室、第6回目は『初心者チームにむいているDF方法』についてのご相談です。

─────────────────────────────────────
『FF(仮名)は初心者チームです。1対1のDFは練習しているのですが、チームの連携DFができていません。初心者チームにはどういうDFがむいているのか、その練習方法はどのようなものがあるのか、御教授いただけたらと思います。』
 Q:Tさん(男性)より
─────────────────────────────────────
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
A: コーチより ───────────────────────────────────── 初心者チームにむいているDF。という事ですが、チームのメンバー構成によって変わってくると思います。例えば・・・ 1, メンバーの人数が少ない→引いて守る 2, 交代人数が沢山いる→前からハイプレス 3, 攻守の切り替えが遅い→引いて守る 4, サッカー未経験者が多い→マンツーマン となると思います。 なぜか・・・ [1, メンバーの人数が少ない→引いて守る]
前からハイプレスをかけた場合、縦パスを出された後はその選手を追いかけなくてはいけないので、当然走る距離が長くなります。そして常に全力で走らなくてはいけないので体力と乳酸耐性が無いと厳しいからです。

[2,  交代人数が沢山いる→前からハイプレス]
交代メンバーが沢山いるならば体力等を気にしなくて良いので、前から積極的にボールを奪いに行くというDFが可能になります。

もちろん、抜かれたら即自陣へ戻らなくてはいけません。相手カウンターのボールを奪ったら再度攻撃するために相手ゴール前まで走ります。
この前後の動き(全力ダッシュ)を繰り返すためにも、常に元気な選手が必要になってくるので、メンバーが沢山いるならば前から積極的に奪いに行く事をおすすめします。
  
[3,  攻守の切り替えが遅い→引いて守る]
メンバーの人数が少ない場合は引いて守る事をおすすめします。引いて守れば自陣にスペースがなくなるので、相手チームは縦パスを入れにくくなりますし、ドリブルするスペースもなくなるため守りやすくなります。

前からプレスをかけた場合、もしボールを奪いに行った選手が抜かれたら即自陣に全力で戻らなければいけません。これは当然ですよね。でも、その選手が抜かれたら即戻る!(プレーしている選手全員)という行為を実行出来ない場合(戻る意識が希薄)は数的不利になってしまうので失点する可能性が高くなります。

前からのハイプレスは戻る距離も長くなるので、相手ボールになったら即全力で戻る!という意識が高くないと厳しいです。逆に、引いて守れば当然自陣ゴールと自分の距離は短くなるので、イコール戻る距離も短くなります。更に味方同士の距離も短いのでお互いが抜かれた時のカバー(フォロー)もしやすくなります。

4,  サッカー未経験者が多い→マンツーマン
サッカー未経験者が多い場合【マークを受け渡す】事になれていません。マークを受け渡すには後の選手が前の選手に指示を出さなくてはいけないので、【声を出す】【味方に指示を出す】事が不慣れなサッカー未経験者が多いならば、マンツーマンDFをおすすめします。

マンツーマンDFといってもいろいろありますが、ここで挙げるマンツーマンDFは完全なマンツーマンです。一度この選手をマークすると決めたら、相手ボールの時はその選手が何処にいようと常に側にいる事を徹底して下さい。少しでも側を離れたらスクリーンプレーをされやすくなるので、マークの受け渡しが出来ないとつらいです。そうならないように、常にぴったりと同じ選手をマークし続けます。そうすれば守りきれるでしょう。 
ただし、体力が落ちてきて他の選手と交代する際には、交代で入る選手は自分が誰をマークしなくてはいけないのかを、必ず確認しなくてはいけません。それが出来ないとマークがずれて失点してしまいます。

***********************************

初心者チームにおすすめな守り方は、引いて守るという方法ではないでしょうか。前からプレスをかけるというDFは【予測するDF】が必須です。(※注:引いて守る場合も必須ですが、前から奪いに行くには2~3人が連動しなければならないので、より全員が次のパスコースを予測する能力が求められます。・・・。)
そして、優先順位を間違えてしまうと途端に崩されてしまいますので、前からプレスをしかけるという意図をしっかりと把握出来ていない場合、難しいと思います。

初心者チームで犯しやすいミスは、「前からのプレス=ボールを一発で奪いに行く」と勘違いしてしまう事です。前からプレスをしかけるのは確かに前線でボールを奪う事が目的です。ですが、一発では奪いに行きません。縦パスを出させないようにプレッシャーをかけ続け、逆サイドの選手は「つるべ」の動きでPIVOへのくさびのパスを出させないように中へのパスコースを切ります。そして、横パスのスピードが遅かったり、パスミスやトラップミス、ドリブルミスをしたその瞬間を逃さずにボー
ルを奪うという方法が正しいとされます。
その意図さえ間違えなければ、そして交代人数が多ければ前からハイプレスをしかけても良いと思います。

【DFは常に120%の力で!】
↑
私の自論です。100%の力では足りません!相手チームだってボールを奪われたくないんですから、そのボールが欲しければ相手選手100%の力よりも出さなければ奪えるわけがありません。マイボールの時は笑って楽しんで攻める。相手ボールの時は必死になって怒りの形相でボールを奪う!抜かれたら即戻る!奪ったら即前方へ走る!の繰り返しです。