ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

11,1/18(火) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:篤、雄、史、武、雅
☆U-18参加メンバー:平、碓、風、尾、健、浩、露、裕、真、櫻、蘭、寿、陽、至、荒、秀
 

●アップ
・7分間のランニング(怪我予防)
・コートを左右、同周回走る。左右の体重移動や負荷を左右均等にするため。

●ペラドン
・11対11
・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。
・シュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、
 真ん中で奪う。(PIVOの前に出て奪う)

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●パワープレー解説
・CKからのパワープレー。
・CKを獲得したらGKがハーフウェーラインを越えたライン際に開き、FPのFIXOが
 ハーフウェーライン後方にポジションを取る。
 キッカーから直接GKへ戻し、GKからFIXOへパス。パスを受けたFIXOのイメージで
 左右に展開しながら得点チャンスをうかがう。
・GKはシンプルなプレーを心がける。無謀なプレー、欲を出したプレーは避ける。
 インサイドキック、足裏トラップ、シュートの3技術のみなので難しい事はない。

[ポイント]
・FIXOは左右どちらにでもパスを出せる体の向きになる。
・GKはコーナーアークにいる選手とFIXOの両方へパスを出せる体の向きになる。
 2タッチでプレーをすれば楽。選択肢はPIVO、縦パス、FIXO、シュートの4つ。
 キッカーからパスをもらう時とFIXOへパスを出した後はピッチのサイドライン
 めいいっぱい開いたポジションを取る。
 少しでもピッチ内側に寄ってしまうと自分からDFに近寄ってしまうので、
 自分で自分の首を絞める事になる。
 楽にプレーするためにもDFとの距離を遠くする。
・GKと対角の選手がPIVOとして間に入って来る。
・ボール保持者と逆側の選手は高い位置を取り、いつでも仕掛けられるように準備を
 しておく。
・ALAはDFの足にかからない角度、位置を確保する。


<話した内容>
・パワープレーのGKは難しいことを考えない。ボールを失わないこと、色気を
 出さないことを最優先する。
・ALAの選手は極力、パスをもらう前に首を振り、前があいているならインサイドで 
 前に押し出すトラップをし、そのままシュートへ持って行く。
 逆ALAは必ずファーポストへ詰める。
・練習でパワープレーが上手くいかないのは、紅白戦のレベルが高い証明でもある。
 真剣勝負では、対戦相手は必死になって、失点を阻止しようとする。
 だからこそ、そのための練習も必要になる。という事は、紅白戦でDF側が頑張って
 くれるのは良いこと。実際、パワープレーに対する有効な守り方を知っている、
 同年代のチームは極わずかしかいない。紅白戦での対戦相手よりも、公式戦の
 対戦相手の方がDFが緩い可能性は高い。
 自分たちはA,Bチーム共に強い、ということを意識しよう。自信を持とう。
 きっと、紅白戦よりも公式戦は良い結果が得られる。