ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

11,1/18(火) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:原、鈴、晃、盛、堀、井、住、清、佑、唐、勇


●アップ
・7分間のランニング(怪我予防)
・コートを左右、同周回走る。左右の体重移動や負荷を左右均等にするため。 

●パスゲーム
・10対3
・2タッチ制限のパスゲーム。
・オフェンスの選手は最低1人はDFとDFの間に入る。
・選択肢は常に「左・右・中」の3つ。横向きになってしまうと、途端に視野が狭く
 なってしまい、選択肢が減り、パスを読まれてしまう。
 前を向いて選択肢を増やすことは、自分を楽にすることでもある。
 視野の確保を徹底する。

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●ペラドン
・6対6
・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。
・シュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、
 真ん中で奪う。(PIVOの前に出て奪う)

●ゲーム
・盛、原、晃、コーチ
・鈴、清、佑、勇
・堀、井、住、西


<話した内容>
・大会が近いので、コンディション調整を怠らない。
 何時に寝て、何を食べるのか、十分考えて行動すること。
・普段から柔軟体操を行い、体を柔らかくして、怪我をしにくい体を作って行く。
 お風呂上がりに、体が暖まっている状態でストレッチ。
 特に股関節は念入りに行う。
 体が硬ければ、筋肉系の怪我をしやすくなってしまう。自己管理を徹底しましょう。