ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

11,1/25(火) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:晃、堀、盛、井、住、佑、勝、勇、寛、正、シュウ


●アップ
・7分間のランニング(怪我予防)
・コートを左右、同周回走る。左右の体重移動や負荷を左右均等にするため。 

●ランジウォーク
・前後30mを一本ずつ。
・正しいフォームで行う。腰を落としたら膝が地面につくぐらいまでの位置を2秒キープ。

●動きながらのパス&トラップ
・2人1組でボールを1個持ち、15m間隔で向かい合う。
・ジグザグにパス交換をしながら前方へ進んで行く。
・1タッチ(ノートラップ)でのジグザグパス交換。右サイドの選手は右足で、
 左サイドの選手は左足で、ダイレクトパスをする。

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●ペラドン
・6対6
・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。
・シュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、
 真ん中で奪う。(PIVOの前に出て奪う)

3対3~前プレ回避~
・ゴールクリアランスから始める。自陣ではオフェンス側の2人が両サイドラインに開き、
 GKからパスをもらえる位置につく。
 もう1人は相手陣内の第2PK付近でPIVOとしてのポジションにつく。
・GKからのパスを受けた選手とDFの位置関係にもよるが、ALAは目の前のDFとの
 駆け引きをし、裏を狙うのかフェイクでフリーになるのか工夫する。
 GKからパスを受けた時、DFに寄せられる事が多くなるので、パスをもらう前に
 事前に首を振って、選択肢を広げておく。
 もし、DFに寄せられてしまい、体勢が苦しくなったら、腕と背中でブロックし、
 DFをブロックしながら足裏でボールを転がすドリブルをするなど、ボールを失わない
 ことを最優先にキープを徹底する。
 もちろんターンできるならターンしても良い。
※他にFIXOとALAのワンツーパス、パラレラ、ブロックなどを駆使して前からの
 プレスを回避する。

[ボールの奪い所]
(1)DF側はマンツーマンでマークにつくが、スタート時のポジションはGKから直接
 PIVOに当てられないように、2人共内絞り。
 GKからパスを受けた選手と同サイドの選手は、まず縦のパスコースを防ぎ、
 次にボール保持者が楽にプレー出来ないように体を寄せる。
 ここでボールを奪う事も考え、縦を切ったままボール奪取を狙う。
※ボールを前に運ばせないことがポイント。
(2)逆サイドの選手は横パスをカット出来るように少しサイドに開く。
 相手との距離は4m程度。近すぎると裏を取られてしまうし、ボール保持者が
 パスを出さなくなる。
 わざとボール保持者がパスを出したくなる距離を取り、苦しい体勢から人任せの
 ようなパスを出して来たらパスカットを狙う。
 この横パスをカット出来たら得点の可能性が高まるので、スライディングしてでも
 パスカットを狙う。
(3)PIVOをマークしているFIXOは前線にいる味方に「言葉」でパスコースを切る
 指示を出し、DFの間へ下りた相手PIVOへパスを出させないようにする。
 前線のDFが内を切ってPIVOにパスを出させないようにした場合、ボール保持者は
 ライン際のドリブルしか選択肢は無い。
 よって、ライン際をドリブルした際にマンマークの選手は体を当て、体勢を崩させ、
 FIXOはライン際でボールを奪うために一気に寄せる。
 前線の選手とFIXOでサンドする。

<ディフェンスの約束事>
(1)縦切り
(2)体を寄せる、ぶつける、楽にボールを持たせない。
(3)PIVOへのパスコースを消させる指示を出す。
(4)次に出るパスを予測して奪う。連動してボール奪取。
(5)ボールを奪うのは横パスか縦ドリブル。

<オフェンス>
・ゴールクリアランスを受けたボール保持者はファーストタッチで前を向く癖をつける。
 横を向いていては選択肢が横パスメインになってしまう。
 前を向く事で選択肢が縦、横、中の3つになる。
 自分の目の前のDFの立ち位置によってプレーを変える。
 縦を切られていたら、下りて来たPIVOを使ってワンツーパスで突破する。
 内を切られていたら縦ドリブル、もしくはPIVOとパラレラ。
 DFが密集しているようならば逆サイドへ一気に飛ばす。
 逆サイドへパスが出た時もPIVOは2対1の数的優位を作るため、真ん中のDFとDFの
 間へ入ってボール保持者と距離を縮める。
・1対1をしかけた際に、ドリブルでDFを完全に抜ききらなくてもシュートは打てる。
 横にボール1個分、ボールをずらして即シュートすることが出来れば、
 GKはブラインドとなり、意外と得点に繋がる。目的はシュートを決めること。
 
●ゲーム


<話した内容>
・インフルエンザ、ノロウイルス、風邪の予防として、手洗いとうがいを徹底する。
 うがいは、口の中を濯ぐ→数回喉をうがいする。
 手洗いは、手首を回すように洗う→親指を回すように洗う→他の指の隙間を
 こすり合わせて洗う→掌を洗う→爪の中を洗う。
 そして、顔も洗い、目の中と鼻の中も洗う。外に出るとウイルスは、様々な場所に
 ついて来る。元気良く、毎日を過ごすために面倒臭がらない。