ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

11,1/27(木) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:盛、原、西、堀、晃、井、住、夏、正、裕、佑、勝、寛、勇、福



●アップ
・コートを左右3周ずつドリブル。
 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。
 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。 

●ランジウォーク
・前後30mを一本ずつ。
・正しいフォームで行う。腰を落としたら膝が地面につくぐらいまでの位置を2秒キープ。

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●ペラドン
・7対7
・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。
・シュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、
 真ん中で奪う。(PIVOの前に出て奪う)

●ゲーム


<話した内容>
・味方がボールを持った時に、両サイドの選手はボール保持者を追い越す。
 両サイドが追い越せば、パスコースが2つになり、DFが苦しくなる。
 パスをもらった側が縦に突破し、逆サイドは必ずファーポストへ詰める。
 真ん中の選手はこぼれ球を常に狙おう。
・体の向きは常にボールと、マークする選手の両方を見れるように、半身になる。
 片方の手はボールを指し、もう片方はマークする選手を指す。
 そうすればマークを外したりはしない。
 ボールだけを見てしまうから、マークを外してしまう。