ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

11,3/10(木)「いつ、何を達成するか、目標設定は重要」Jrユースチーム

☆U-15参加メンバー:盛、晃、弘、西、住、正、夏、井、隼、清、佑、勝、寛、裕、勇


●アップ
・コートを左右3周ずつドリブル。
 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。
 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●動きながらのパス&トラップ
・2人1組でボールを1個持ち、15m間隔で向かい合う。
・ジグザグにパス交換をしながら前方へ進んで行く。
・1タッチ(ノートラップ)でのジグザグパス交換。右サイドの選手は右足で、
 左サイドの選手は左足で、ダイレクトパスをする。
・戻って来るときは、ボール保持者はドリブル、もう1人は軽くランニング。
 早く戻ってくれば、その分すぐにやれる=沢山プレー出来る、のだから、
 歩いて戻って来る選手は損をしていることになる。

●ペラドン
・10対10
・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。
・シュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、
 真ん中で奪う。(PIVOの前に出て奪う)

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。
 チームに活気を出すために、練習を盛り上げる声は必要。
 静かに、し~んとした、暗い雰囲気で楽しいと思うのかどうか。
 選手本人が、自分で、チームを明るい雰囲気にする。 

●ヘドンド(4人での旋回)のパス回し
・3人1組でヘドンドの練習FIXO,左右ALAに分かれる。
 FIXOがボールを保持した状態からスタート。FIXOが左ALAにパスを出す。
 FIXOが左ALAにパスを出すと同時に、右ALAは左サイドのALAの位置まで、
 ダッシュで走る。
 FIXOは右ALAが走って空いた、右サイドのスペースに動く。
 パスをもらった左ALAは、真ん中の空いたスペースにドリブルし、
 足裏でボールを止めると同時に、攻めているゴールを向く。
 その後、左ALAへパスを出す。
 これの繰り返し。

※左ALAはFIXOと平行になるまで下りる。

●「サイ」の確認
・FP4人がBOXになってボールを保持する。
・FIXOは横パスを、逆サイドのFIXOに出し、前方の選手とポジションを
 入れ替わる。(前と後ろの選手が、ポジションを入れ替わる事を「サイ」)
 パスを出して入れ替わる際に、FIXOは前方の選手に「サイ」と言って、
 ポジションチェンジする事を伝える。
・パスを逆サイドにいる味方の、どちらの足に出すのか、考えながらプレーする。
・右サイドの選手は左足でプレー、左サイドの選手は左足でプレーする。

●マンツーマンDFの確認
・DFはマンツーマンで、マークについて行くことを覚える。
・FP4人がBOXになってボールを保持する。「サイ」を駆使する。
・DFはオフェンスそれぞれにマンツーマンでつく。
・オフェンスは横パスを出したら、上記の「サイ」を使って、前後の選手で
 ポジションチェンジをする。
 DFは、相手選手よりも自陣ゴール側にポジションを取り、常にマークする選手と
 ボールの両方を見れるようにする。裏を取られない。

●マークの受け渡しの確認
・DFはマークの受け渡しを覚える。
・FP4人がBOXになってボールを保持する。
・DFはオフェンスそれぞれにマンツーマンでつく。
・オフェンスは横パスを出したら、「サイ」を使って前後のポジション
 チェンジをする。DFは、必ず後ろの選手が前の選手に指示を出して、
 マークを外さないようにする。
 マンツーマンでついて行かせる場合は、「ついて行け」と指示を出し、
 マークを受け渡す場合は、「前に行け」「前に残れ」と指示を出す。
・「そのまま」という指示はない。「そのまま」だと、「そのままついて行け」
 なのか、「そのまま前に残れ」なのか、わからない。 
 どっちともとれる言葉は、紛らわしいので使わない。

●GKトレーニング
・正面グラウンダーのスローイング。片手でのスローを、左右10本ずつ。
・正面グラウンダーキャッチ。正面浮き球キャッチ。
・左右グラウンダーのローリングダウン。フォーム確認。
・左右浮き球のローリングダウン。
・1対1の飛び出しフォーム確認。

●ゴール前での2対1
・PKマークと第2PKマークの間に長方形のグリッドを作り、その中でプレーする。
・オフェンスは3タッチでプレーする。
・GKはDFに内切りの指示を出し、寄せるのか、我慢するのか、シュートブロック
 なのかを大声で、素早く指示出しする。
・DFは腰を落とし、足を細かく動かす。
・オフェンスは、いつでもシュートを打てるように、体の向きに注意する。
 足裏、インサイド、どちらのトラップなのか、その場に止めるのか、
 それとも前or横に押し出すのか、DFの位置を事前に把握し、最適なプレーを
 選択して得点を狙う。



<話した内容>
・1年生はこの半年間で、ものすごく伸びた。このまま成長すれば、きっと来年度には、
 関東大会まで行けると思う。しかし、ブランクのある3年生に対して、怖がったり、
 体のぶつかり合いで負けてしまうことがある。
 これを課題とし、来シーズン克服できれば、関東どころか、全国も夢じゃない。
 いつ、何を達成するか、目標設定は重要。
 自分たちが3年生のときに行ければ良いや、と思うか、それとも、
 「来年行きたい!」と思うかで、成長の度合いはかなり変わってくる。
 どちらが良いかは言わずもがな。