ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

超初心者対象・得点力アップ、トレーニングメニュー(1)

 フットボールは、2つのチームが得点を競い合うスポーツです。その中で、シュートを打って、ゴールを決めた時の快感は、何にも代え難いものだと思います。そして、チーム全員が喜びを分かち合えるのも、この得点の瞬間ではないでしょうか。

 多くのサッカー未経験者、フットサル初心者の方たちに、シュートを決める喜び、そしてフットサルをより楽しみ、好きになっていただきたいという思いから、今回のトレーニングメニューの公開に至りました。

 参考にしていただけたら幸いです。

 第一回目は、フォーム確認編です。フットボール、全てのプレーの基本中の基本である、ボールの中心をとらえること、に焦点を当ててみました。 次回以降、シュートなど、具体的なプレーの解説及び、トレーニングメニューを書いていきます。まずは、フォーム固めについて、ご覧下さい。

●インステップキックのフォーム修正(1)

 変な回転をかけずに、奇麗で真っすぐな、強いシュートを打てるようになるには、正しいシュートフォームの習得は必須です。まずは、インステップキック(足の甲でのキック)を身につけます。そのためには、ボールの中心を、足の甲でとらえられるようにならなければいけないので、自宅でも出来る、ボールネットを使ったトレーニングを行います。

(1)ボールをボールネットに入れ、ネットの最上部をつかむ。
(2)ボールの中心を軽く蹴る。回転をかけないように、押し出すようなキック。
(3)足を後ろに振りかぶったり、蹴った後に大きく振り上げたりすると、
 余計な力が入ってしまい、フォームが崩れる原因となるし、勢いがつき過ぎて、
 ボールの中心を蹴るのが難しくなってしまう。 
 足は腰の真下にある状態から、少し力を抜いて、膝から下だけをつかって、蹴る。
 膝関節のスナップをきかせるように、膝関節の前後運動だけで、押し出すように。
 「蹴る」という、力を入れての動作は不要。

[ポイント]
・ネットが回転していたら、ちゃんとボールの中心を蹴れていない証拠。
 ネットが回転せずに、ボールが真っすぐ押し出されれば、中心をとらえられた
 証拠となる。ボールをよく見て、足の甲でボールの中心を蹴る。

●インステップキックのフォーム修正(2)

 上記の、膝下だけを使って、軽く押し出すように蹴るプレーで、問題なく、
 ボールが無回転で前に押し出されるようになったら、次のステップに進みます。

(1)ネットに入れたボールを蹴る際に、軸足をその場で、一歩だけ踏み込んで、
 蹴るようにする。蹴り足は、後ろに振り上げる必要はないが、蹴った後の、
 前に振り上げる動作を加える。足の甲をボールに当てたあと、膝から下を、
 振り抜くことで、より強いボールが蹴れるようになります。

[ポイント]
・強いボールを蹴るには、体重移動が必要です。蹴った後の軸足が、その場に
 残らないようにする。ボールを蹴った後、蹴り足を振り抜けば、その勢いで、
 自然と軸足と体は、前方へ【跳ぶ】ように移動します。
・蹴り足は膝から下だけを使う。腿はつかわない。無駄な力を入れない。
・強いボールを蹴るには、軸足の踏み込みを強く!

※) インステップキックで、強シュートを打つには・・・
・歩幅を合わせる。
軸足を、おもいっきり踏み込む。
軸足を、おもいっきり踏み込むと同時に、蹴り足を後ろに引く。
・蹴り足だけでなく、腕や上半身も使いながら体全体で蹴り足を振り下ろす。
 (腕の遠心力を利用する。体全体の力を使う。)
・振り下ろした蹴り足の甲で、ボールの中心を蹴る。
・蹴る際の蹴り足は、爪先を下に向ける。爪先を下に向けることによって、確実に
 足の甲をボールに当てることが出来る。
 爪先が上を向いてしまうと、爪先や指の付け根でボールを蹴ってしまうので、
 ボールの中心を蹴れません。(トゥーキックになってしまう)
・ボールを蹴った瞬間、蹴り足は前方に振り抜き、その勢いで前方へ【跳ぶ】
 ように、体重移動をする。シュートとは、ボールをゴールに向かって、
 蹴ることを指します。ということは、ボールは前に飛んで行くものです。
 ボールを、強く前に飛ばさなければいけないので、ボールに加える【力】は、
 当然、前でなければいけません。前に力を加えるのだから、体重を前に
 乗せなければ、力が前に伝わりません。
 
※足を振り抜くことの、勘違い
・足を振り抜く、というと、上に振り上げてしまう人がいます。
 これでは、力が上に逃げてしまうので、ボールに力が伝わりません。
 そして、ボールは上に飛んで行ってしまうので、シュートではなく、クリアに
 なってしまいます。前に体重移動すれば、「前に押し出す力」がボールに
 伝わるので、強いシュートとなって、ゴールに飛んで行きます

●インステップキックのフォーム修正(3)

 今までは1人で、ボールの中心をとらえるための、基礎を身につけるトレーニング
でしたが、ここからは2人で、より実戦に近い方法で、フォームを固めて行きます。

(1)パートナーが片膝を地面についた姿勢で、ボールを膝/腿横に設置する。
 足で手を蹴られない位置で、両手を使ってボールをおさえる。
 プレーヤーは、ボールから一歩下がった位置から、一歩踏み込んで、
 ボールの中心をインステップで軽く蹴る。
 強く蹴ってしまうと、パートナーが怪我をしてしまうので、軽く当てるイメージ。
 足の甲がボールに当たった瞬間に、その場で足を止める。
 パートナーは、プレーヤーの足の甲が、ボールの中心をとらえられているかどうか、
 確認する。

(2)2人1組で、2mぐらいの短い距離で向かい合う。
 ボールを1個使い、パートナーがボールを手で保持し、プレーヤーの足下へ、
 【ふわっとした】浮き球を、下手(両手で軽く)で軽く放る。
 そのボールを、インステップキックで軽く返す。
・フォームの確認なので爪先は下を向いているか、軸足を踏み込んで蹴っているか、
 ボールの中心を蹴れているか、などを、パートナーが確認する。
 もし出来ていなかったらそれを指摘しましょう。

 (2)へ続く・・・

 ランキングに参加しています。ちょっとでも記事が気にいってくださいましたら、バナー↓のクリックをお願いします。