ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

「FIXOが縦に抜けるか抜けないかの判断基準について」

 今回いただいたご質問は、
「フィクソが縦に抜けるか抜けないかの判断基準について」 です。
 

 遅攻のとき、ダイヤのフォーメーションでフィクソの位置でボールを保持している状態から、 どちらかのアラにパスを出した後のフィクソの動きです。
 
 基本的には、縦に抜けてパラ、ディアゴナル、ワンツーなどの形を狙うのですが、フィクソが 自陣かなり深い位置で、パスを出した後もフィクソに対してDFがタイトにマークしていた場合、 フィクソがそのまま留まることでダイヤの中央のスペースを両サイドのアラが使い易いようにするという選択も有りでしょうか? 

 相手の守り方によっての判断になるかと思いますが、どのような場面でフィクソが縦に抜けたほうが良いのか?また、抜けずにそのまま留まるほうが良いのか? 

 良い判断基準があればアドバイスいただければありがたいです

 Q:Yさん(男性)より

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【A:akiコーチより】

 自陣の深い位置で、FIXOが左右のALAにパスを出したにも関わらず、ボールを手放した後のFIXOに対するマーク(対戦相手のPIVO)が、ディフェンスをサボって、そのままFIXOにマンツーマンでついたままの状況はよくあります。 

 1DAY大会のエンジョイチーム、フットサルという競技を理解していない、元サッカー経験者の集まりチーム、大学生のサークルチームのほぼ大半が、このような状況をよしとしています。 

 このFIXOをマークしている相手PIVOは、ALAがボールを持っているにも関わらず、内のパスコースを絞れていないので、当然この時の選択肢は多くあります。 

 一番シンプルな方法として、PIVOがALAとFIXOのDFとDFの間に入り、(DFの内側の足にかからないポジション) パスを受けることで単純にALA→PIVOでワンツーパスからの突破、その後逆サイドのALAがファーポストへ詰めるプレーで得点出来ます。 

 もう一つは、PIVOが相手陣内奥深い位置へ下がり、相手のFIXOを引っぱって真ん中を空けます。そこへ、ボールを持っているALAとは逆サイドのALAが真ん中へ入り、ボールを持っているALAとワンツーパスを行います。その後は、上記と同様にワンツーパスで突破、PIVOがファーポストへ詰める。と、なります。 

 あとは、別にDFがFIXOにへばりついていたとしても、無視してFIXOが抜けても良いと思います。逆に考えると、このFIXOのマークについているDFは守備(相手ボールよりも後方に下がる)のセオリーを怠っているので、FIXOが抜けることによって、相手陣内で4対3の数的優位を作り出せる可能性が高いです。しかし、その場合はパラレラなどのパスを出したALAとは逆サイドのALAが、FIXOの位置へスライドして最終ラインとしての蓋をしなければいけません。攻撃を止められた時のカウンター対策として、必要なリスクマネジメントです。この蓋をする動き(チームプレー)を怠ると、4対3の数的優位から、速攻でカウンターを受けた時に守る選手が誰もいないので、先ほどDFをさぼっていた相手選手がGKと1対1になって、簡単に失点してしまいます。 

 いかがでしょうか? 


 ランキングに参加しています。ちょっとでも記事を気にいってくださいましたら、バナー↓のクリックをお願いします。