ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

2012,4/13 講習会レポート【技術を活かすためのトレーニングとボールコントロール】

2012,4/13(金)に脱ビギナー・超初級・初級者方を対象とした、
ブラジル式フットサル講習会を開催致しました。

テーマは【技術を活かすためのトレーニングとボールコントロール】です。

~開催するにあたって~

幼稚園や小学校の運動会で、お父さんが走るリレーを行うところも
あるのではないでしょうか。
そのリレーで、引退してから全くランニングをしていない元プロスポーツ選手と、
半年以上趣味としてマラソンを続けている人、どちらが速く走れるでしょうか
体を動かすのは筋肉ですが、その筋肉も長い間放置してしまうと、
「動かし方の記憶」というものが失われて行ってしまいます。
数年前には出来たことが出来なくなるというのは、そういうことだと思います。

フットサルに必要なボールを止める、蹴る、運ぶという基本技術は、
体を上手く使えない人よりも、スムーズに体を動かせる人がより修得期間も短く、
プレー一つ一つにキレが出て来るので、試合で活躍することが出来ます。
今回の講習会では、基本技術を活かすためのコーディネーショントレーニング、
一つ一つのプレーにキレを出すためのコーディネーショントレーニング、
そして、最もフットサルに必要なボールコントロール技術修得を目指しました。

●ウォーミングアップ
・3対3の2チームに分かれる。
・ハーフコート内にマーカーを10個散らして床に置いて、5個ずつ、上下を
 入れ替えておく。
・チームAは逆さになっているマーカーを、正しいポジションに戻し、
 チームBは正しいポジションになっているマーカーを、上下逆さに
 ひっくり返す。
・相手チームよりも多く、上下ひっくり返したチームが勝利
・1ゲーム30秒。2ゲームはひっくり返すマーカーを逆にしてプレー。
・マーカーを触る際、屈伸する足を1ゲームごとに変えること。

【ポイント】
・マーカーを拾う動作を行うことによって、屈伸運動が取り入れられ、
 更に、拾う→起き上がる→次のマーカーに素早く移動→素早くしゃがむ→ 
 次のマーカーに素早く移動→素早くしゃがむ→拾う→起き上がる、
 という動作を繰り返すことによって、スムーズに体を動かせるようになる。
・コーディネーショントレーニング。

●ストレッチ
・静的ストレッチ
・1種目10秒~15秒。10種目。
・一つ一つのストレッチを行う際に、どの部分の筋肉が伸びているかを意識。
・足首、ヒラメ筋、ハムストリングス、アキレス腱は念入りに伸ばす。

●上半身のコーディネーショントレーニング(1)
・2人1組になり、サイドラインに開いてボールを1個保持する。
・足を肩幅より大きく開き、ボールを両手で抱えて、下から上に向かって投げる。
・15m先のパートナーまで、極力ノーバウンドで届くように。

【ポイント】
・腕の筋力で投げようとせず、下半身のバネ・肩甲骨の動きを意識して、足首から
 肩まで、下から上に力を伝えるようにイメージして、体全体で投げる。

●上半身のコーディネーショントレーニング(2)
・上記(1)と同様に、プレー。
・横を向き、上半身を捻らず(腰を捻らない。投げた後に後ろ肩と胸が、投げた
 側を向かないようにする。)に、ボールを放るように、両手で投げる。
 後ろ手の掌で押し出すように投げる。
 どちらかの手の力が強過ぎると、左右に曲がって、真っすぐ投げられない。
 また、回転がかかっている場合は、余計な力が加わっていたり、腰を捻って
 投げていることが原因です。

【ポイント】
・腰を捻って、腕と肩で投げようとせず、下半身のバネと、後ろ手から伝わる力を
 最大限利用して、両手でボールを押し出すようにして投げる。

●アジリティートレーニング(1)
・マーカーを8個、二足長の間隔に並べる。
・1つ目のマーカーまでステップを踏んだら、後ろのマーカーへ戻り、
 次は2つ目のマーカーまでステップし、再度1つ後ろのマーカーへ戻る。
 以後、これの繰り返し。
・ステップアップの順序(段階)としては、
(1)何も考えず、歩いてプレー
(2)腕を振ることを意識して、歩いてプレー
(3)競歩のように、細かく速く歩いてプレー
(4)細かく速く、ステップ ※滞空時間を短くする前後のジャンプ

※このステップが出来るようになったり、日々トレーニングすることにより、
 今までだったら追いつけなかったボールに追いつけるようになったり、
 あと一歩の頑張りが出せるようになる。
 また、後ろ側に来たパスに対して、とっさに反応出来るようにもなります。

【ポイント】
・下半身に負荷がものすごくかかるので、アキレス腱・ヒラメ筋、
 ハムストリングスを伸ばしてからプレーする。
・滞空時間が長い飛び跳ねるようなジャンプではない。
 細かく速く足を動かすステップを、前後に動けるようにする。
・慣れるまでは、競歩で5本前後。慣れてきたら全力で3本~6本。

●アジリティートレーニング(2)
・マーカーを5m間隔でジグザクに置き、プレーヤーはジグザグに、
 サイドステップで進んで行く。
・飛び跳ねるような"サイドジャンプ"ではなくて、滞空時間が短くて、細かく
 足をすり足のようにして動かす、"サイドステップ"でプレーする。
・右側のマーカーを越える際に、マーカーのすぐ右(外)側に左足を踏み込み、
 右足を更にその右側に移動させて、踏ん張る。
 その後、踏ん張った右足をクロスさせるようにして、
 右足を次の一歩にして、左側のマーカーへ進む。
 左側のマーカーを越える場合はその逆で、マーカーのすぐ左(外)側に右足を
 踏み込み、左足を更にその左側に移動させて、踏ん張る。
 その後、踏ん張った右足をクロスさせるようにして、
 左足を次の一歩にして、右側のマーカーへ進む。

※1対1のドリブル対応の際、左右に揺さぶられても、素早く対処するための
 コーディネーションであり、なおかつ左右に振られた後の、再度の加速や
 粘りを生むことも出来るようになります。
 また、パスで逆を疲れた際にも、素早く対処しなくてはいけないので、
 この左右へのステップはトレーニングに取り入れるべきです。
 
【ポイント】
・次の進行方向のことを意識した足さばきを行うと、次のプレーへの移行が
 とてもスムーズになります。

●アジリティートレーニング(3) ※ボール使用
・マーカーを5m間隔でジグザクに置き、プレーヤーはジグザグに、
 ドリブルで進んで行く。
・右側のマーカー手前では、右足インサイドで切り返し、その後左のマーカーへ
 右足でドリブル。右足で左側のマーカーへドリブルした後、マーカー手前まで
 来たら、右足のアウトサイドで切り返し、そのまま右足アウトサイドで
 ボールを押し出してから、右のマーカーへ右足でドリブルして行く。
・上記内容を繰り返し行う。
・左利きの場合は、上記の内容を左足に置き換えてプレーする。

【ポイント】
・スムーズなボールコントロールを行うには、ボールを常に体の近くに置いて、
 いつでもとっさにボールを触って、前後左右に動かせるようにしなければ
 いけません。しかし、初心者の方がドリブルをしているところを見ると、
 大半がボールが体から遠く離れて行ってしまい、ボールに体が追いついて
 いない状況になってしまっています。
 これは、「ドリブル=ボールを触る足を意識」となってしまっていることが
 原因です。
 ドリブルする時にボールを足で触った後、ボールを触っていない軸足を、
 ボールを追いかけるように、素早く移動させるようにします。
 歩く時に右足→左足→右足と、両足を交互に出すように、ドリブルする時も、
 ボールを触ったら、即軸足を動かすようにします。
 それが出来れば自然とボールは体のすぐ近くに置けるので、 
 スムーズにドリブルがしやすくなります。
 初心者の方はボールを触ることばかりに意識が行ってしまいますが、
 ボールを追いかけるように、軸足を素早く動かすことが大事です。

●ステップの修得
・リズム良く、スムーズにドリブル出来るようになるためのステップ。
・その場で左右交互に2ステップずつ行う。
・慣れて来たら、2ステップを踏みながら前進する。

●ボールコントロール(1)
・その場でボールを細かく動かす。
・右足アウトサイドでボールを右側に軽く押し出し、押し出したボールを、
 すぐに右足の足裏で止める。
 足裏でボールを止めたら、そのボールを止めた右足をボールの右側へ
 またぐように着地させ、右足をボールの右側へ着地させると同時に、
 左足を右足側へ引き寄せ、左足首を内側へ折るようにして膝を曲げて、
 左足のアウトサイドでボールを左側へ、軽く押し出す。
 押し出したボールを、すぐに左足の足裏で止める。
 足裏でボールを止めたら、そのボールを止めた左足をボールの左側へ
 またぐように着地させ、左足をボールの左側へ着地させると同時に、
 右足を左足側へ引き寄せ、右足首を内側へ折るようにして膝を曲げて、
 右足のアウトサイドでボールを右側へ、軽く押し出す。
・上記プレーの繰り返し。

【ポイント】
・一つ前のトレーニングで行った2ステップのリズムを意識する。
 力を抜いて、「ボールを蹴る・動かす」という気持ちを持たないで、
 ボールは「触る」だけ。
 膝下に力を一切いれずに、ボールは触って動かす。
・ダンスを踊るように、楽しんで、気楽にプレーすると上手く行きます。

●ボールコントロール(2)
・上記ボールコントロール技術で前進する。
・マーカーを5m間隔でジグザクに置き、プレーヤーはジグザグに、
 ドリブルで進んで行く。
・右側のマーカー手前では、右足裏で切り返し、左足アウトサイドでボールを
 左側へ押し出し、左のマーカーへ左足でドリブルする。
 左足で左側のマーカーへドリブルした後、マーカー手前まで来たら、
 左足裏で切り返し、右足アウトサイドでボールを押し出してから、
 右のマーカーへ右足でドリブルして行く。
・上記内容を繰り返し行う。

●ボールコントロール(3)~メンタルコントロール
・上記プレーと同様に行う。
・マーカーの代わりに、実際に人がDF役として立つ。
・DFを5m間隔でジグザクに配置し、プレーヤーはジグザグに、
 ドリブルで進んで行く。
・右側のDF手前では、右足裏で切り返し、左足アウトサイドでボールを
 左側へ押し出し、左のDFへ向かって左足でドリブルする。
 左足で左側のDFへ向かってドリブルした後、DF手前まで来たら、
 左足裏で切り返し、右足アウトサイドでボールを押し出してから、
 右のDFへ向かって右足でドリブルして行く。
・上記内容を繰り返し行う。
・DFは足をぶらぶらさせて、自分の守備範囲内に入って来たら、足を使って
 ボールをカットしてかまわない。
 ドリブルする選手はDFの足の長さも考え、守備範囲に入らないように、
 ボールをコントロールする。

【ポイント】
・マーカーではなく、実際に人に立ってもらうだけで威圧感があるので、
 試合に近い感覚でプレッシャーを受けられるので、
 より質の高いトレーニングを行えます。
・マーカーでは実際の人よりも幅が小さいので、意外と楽にプレー出来る。
 しかし、人がDF役として立つことで、足の長さや、ボールを奪われる範囲を
 予測してプレーしなければいけないので、実戦形式のドリブル練習が行える。

●ボールコントロール(4)
・2人1組でオフェスとディフェンスに分かれて、ボールコントロール技術を
 活かせるようにトレーニング。
・オフェンスがボールを保持し、ディフェンス役は少し距離を縮めて、
 いつでもボールを奪えることをアピールするようなイメージで、
 プレッシャーをかける。
 ディフェンスからのプレッシャーを感じたまま、オフェンスはボールを
 細かいタッチで動かして、ディフェンスを左右に揺さぶる。
・足裏、インサイド、アウトサイドを使った細かいタッチで、ディフェンスを
 左右に揺さぶれるようになれるかどうか。
 
【ポイント】
・ディフェンスが目の前にいても力まずに、ダンスを踊るように力を抜いて、
 ボールは軽く押し出す(触るだけ)ようにして、動かす。
 ステップも極力2ステップを崩さないようにし、リズム良く、
 ボールを動かして、軸足も同様に細かく動かす。

●1対1の攻防~シュートを打つ~
・2人1組でオフェスとディフェンスに分かれ、ディフェンスはゴール前に立つ。
・ゴールにGKは入らず、無人とする。
・オフェンスはシュートコースを空ける工夫をするために、ボールを
 細かいタッチで動かしてディフェンスを左右に揺さぶる。
 ディフェンスを左右に揺さぶり、どこかで対応出来なくなる時があるので、
 その瞬間を見逃さずに、即シュートを打つ。
・シュートを決める、シュートをブロックする、というところまでプレーする。

【ポイント】
・オフェンスの選手がずっと同じリズムでボールタッチを繰り返しても、
 相手ディフェンスに読まれてしまうので、いつまでたっても、
 シュートコースを作ることができない。
 また、ボールタッチが読まれてしまうということは、実際の試合では
 ボールを奪われてしまう恐れもある。
 このことから、ボールタッチの途中で、違うリズムの物を一回程度は
 入れなくてはいけない。
 例えば、右足アウトサイド→右足裏→左足アウトサイド→左足裏→
 右足アウトサイド→右足裏、とずっと繰り返すのではなく、
 上記プレーを一巡した後に、一回インサイド→インサイドのダブルタッチを
 入れてみたり、アウトサイドで二回続けて触って、ボールをより
 外側に動かすこともありだと思います。
 「シュートを決めたい」「打ちたい」という選手の多くは、自分が最も
 シュートを打ちやすい体勢にならなければ打ちません。(打てない? )
 実はそれは、ディフェンスやGKにとっても、防ぎやすいシュートでしか
 ありません。
 「自分が打ちやすいシュート=相手に読まれやすいシュート」です。
 一番重要なことは、いかに相手ディフェンスのタイミングをずらすか、
 であり、そのためには一定のリズムで相手を引きつけておいて、
 「次もそのプレーだろ」と思わせておいて、違うリズムのタッチを
 入れることでタイミングをずらすことが出来ます。
 小難しいフェイントなどは一切不要です。リズムを変えるだけなので、
 基本技術のインサイド・アウトサイド・足裏だけで、ディフェンスを
 かわしたり、シュートまで持って行くことも出来ます。

シザースフェイント~ステップ~
シザースフェイントをマスターする。
・片足で一回だけまたぐ→逆足でも挑戦→左右両足を一回ずつまたぐ、
 というように、段階を踏んでレベルアップにつなげる。

【右足でシザース
・右足でまたいで、左足アウトサイドで自分の正面に10cmほど軽く押し出し、
 左足の足裏でボールを止める。
 止まったボールを再度、右足でまたぐ。右足でまたいだら、
 左足アウトサイドで自分の正面に10cmほど軽く押し出し、
 左足の足裏でボールを止める。
 これの繰り返し。
・ボールを押し出す際は、触るだけで十分です。「蹴る・強く押し出す」、
 というのではなく、「触る・軽く押し出す」というように力を抜いて、
 プレーしてください。

【左足でシザース
・左足でまたいで、右足アウトサイドで自分の正面に10cmほど軽く押し出し、
 右足の足裏でボールを止める。
 止まったボールを再度、左足でまたぐ。右足でまたいだら、
 右足アウトサイドで自分の正面に10cmほど軽く押し出し、
 右足の足裏でボールを止める。
 これの繰り返し。
・ボールを押し出す際は、触るだけで十分です。「蹴る・強く押し出す」、
 というのではなく、「触る・軽く押し出す」というように力を抜いて、
 プレーしてください。

【ポイント】
・ボールは常に体の正面に置く。正面に置くことで、体の軸がぶれずに、
 足がボールをまたぎやすくなる上、ディフェンスにとっても、左右どちらに
 抜きに来るのかわからない。
 アウトサイドでボールを押し出す際、ついアウトサイド側(外側)にボールが
 流れがちになってしまいますが、足首の角度を調整して、ボールが
 正面に転がるようにしてください。
・ボールを押し出す際は、触るだけで十分です。「蹴る・強く押し出す」、
 というのではなく、「触る・軽く押し出す」というように力を抜いて、
 プレーしてください。
・またぐ際、またいだ足が着地する時は、踵を地面につけません。 
 膝には力を入れず、膝を曲げて膝のバネを利用して着地し、
 踵を上げた状態でプレーすることで、スムーズなステップを踏めるように
 なります。

【両足でシザース
・ボールを体の正面に置いて、前方に軽く転がす。
 転がっているボールを追いかけて、右足と左足で交互にまたぐ。
 またぐリズムは1ステップ。
 右足でまたぐ→右足が地面に着くと同時に左足でまたぐ→左足が地面に
 着くと同時に右足でまたぐ、
 これの繰り返しです。
・一番最初に軽く転がす時以外、ボールが止まるまでの間、一切ボールに
 触りません。常に足はボールをまたいでいます。

【ポイント】
シザースフェイントは回数多くまたぐ、またぐスピードを速くする、
 ことで抜けるようになるわけではありません。
 上記プレーと同じで、タイミングが重要になってきます。
・またぐ際、またいだ足が着地する時は、踵を地面につけません。 
 膝には力を入れず、膝を曲げて膝のバネを利用して着地し、
 踵を上げた状態でプレーすることで、スムーズなステップを踏めるように
 なります。
・ボールをまたぐ時は飛び跳ねるように、リズム良く行います。

以上が4/13(金)に行った、
【技術を活かすためのトレーニングとボールコントロール
のトレーニング内容になります。