ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

代表や選抜チームに選ばれる選手たちへ

代表や選抜などのチームに選ばれる選手は、所属しているチームの活動を全うし、
所属チームのスタッフやチームメイトから「行ってこい!」と、
心の底から送り出される選手であるべきです。

所属チームでの活動を疎かにし、スタッフ・チームメイトから
信頼されていない選手はチームの代表になる資格はありません。

代表や選抜チームは自チームでのプレーを評価されて選出されるものです。
当然重きはリーグ戦などのプレーになります。

しかし、選ばれた途端にチームの活動を蔑ろにするようでは、
代表・選抜チームとしての責任を背負うことは難しいと思います。

自チームでやっていることは、きっと代表・選抜チームでもやります。
遅刻癖のある選手は代表・選抜チームの練習や試合でも遅刻します。
もし代表・選抜チームの活動で遅刻をしたら、スタッフやチームメイトから
どのように思われるでしょうか ?
それは所属チームの評判にも繋がる話です。

自チームで日頃から練習用具の準備・片付けを率先して行える選手であれば、
プレーするチームが代表・選抜になったとしても、同じように準備や後片付けを
手伝うと思います。
挨拶や立ち居振る舞い、そして試合中のマナーも同様だと思います。

たまたま出場した試合で良いプレーをして、それが評価されて代表や選抜チームに
選ばれたとしても、所属チームの監督やスタッフはその選手が代表及び選抜の
肩書きに恥ずかしくない行動が取れる選手であるのか判断しなければいけません。
それが選手を預かる立場の者の責任でもあります。

もし代表・選抜チームに選ばれた選手が自チームのスタッフからNOと
言われてしまったとしたら、それはきっと自分の普段の行いが原因です。
誰も悪くありません。
悪いのは自分です。
自分のとってきた行動は、自分に跳ね返って来ます。

代表や選抜チームに選ばれる選手は、プレーはもちろんのこと、
見ていて気持ちの良い人であって欲しいと思います。


ランキングに参加しています。
ちょっとでも記事を気にいってくださいましたら、
バナー↓のクリックをお願いします。