ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

リーグのために審判ライセンスを取得するということ

フットサルだけでなく、サッカーもリーグ加盟するならば、

「チームに審判ライセンス有資格者が2名以上いること」

が条件となります。

上のカテゴリーのチームになれば登録上の関係で必要なだけで、

実際には笛を吹くことはほとんどなく、

運営日の第三審判を担当するぐらいだと思います。

下のカテゴリーになると自分たちが参加しているリーグ戦で

主審もしくは第二審判を務めることになるので、

ただライセンスをとっただけの人だと試合をコントロールすることができず、

試合が荒れたり様々な問題が置きたりすることもあります。

この、「チームに審判ライセンス有資格者が2名以上いること」

という条項がとてもやっかいで、プレーしたいだけの選手が集まるチームは、

大変な思いをすることになります。

どうしてかと言うと、

「俺は審判をやるためにチームに入ったんじゃない」

「俺はフットサルをプレーしたいだけだから」

「他の人がやれば良いじゃん」

「黙ってれば誰かがやってくれるはず」

「新人(後輩)にやらせろよ」

といったことを思っている選手はものすごく多いです。

審判ライセンス有資格者が2名以上いないとリーグに加盟できません。

ということは、審判ライセンスを誰もとらなければ、

リーグ戦に参加することも、好きなフットサルをプレーすることもできません。

そのチームが好き、

そのチームでプレーしたい、

と思う選手が集まっているチームは、

きっと所属選手の多くが審判ライセンスを取得したいと思うでしょう。