ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

攻めるゴール方向を意識してプレーすること

先日、小学4年生のサッカー技術指導を、

マンツーマンで行ってきました。

どのようなことを指導したのか簡単に記録として記載致します。

参考にしていただけたら幸いです。

【ウォーミングアップ】

●2分程度、自由にドリブル。

・身体をほぐしながら、リラックスして。

●ストレッチ

・下半身、上半身を一種目5秒程度。

●手でボールを扱い、チェストパスをしながらサイドステップ。

●手でボールを扱い、チェストパスをしながら前後にランニング。

【トレーニング~ボールコントロール~】

●浮き球のボールコントロール

・サイドチェンジで飛んで来た浮き球を、自身の前方1m程度にコントロール

攻めるゴールを意識して、身体を開いてプレー。

※左右、両サイド行う。左右のサイドでボールを扱う足は逆になります。

DFから遠い足でプレー。

●グラウンダーのボールコントロール(1)

・自身と平行にいる選手から横パスをもらい、インサイドで身体を開きながら、

前を向くボールコントロール

●グラウンダーのボールコントロール(2)

・(1)のプレーを試合を想定して行う。

身体を開いて、前を向くようにインサイドでボールをコントロールし、

縦パスを狙う。縦パスを狙うとDFが縦のパスコースを切るので、

一度ピッチ中央側にボールを持ち直して、DFから遠い足でボールを押し出す。

その後、DFから遠い足で横パスを出す。

※左右、両サイド行う。左右のサイドでボールを扱う足は逆になります。

​DFから遠い足でプレー。

【トレーニング~キック~】

●インサイドキックのフォーム確認

・DFにキックを読まれないためのフォームを習得。

・強くて速いパスを出すためのインサイドキックを習得。

※ポイントはお尻、膝から下、押し出す、の3つ。

●キックの精度を高める。

・Aの右足インサイドキックでBの右足へ、Bは右足インサイドキックでAの右足へパス。

・Bの右足インサイドキックでAの右足へ、Aは右足インサイドキックでBの右足へパス。

【トレーニング~クロス~】

●流れの中からゴール前にクロスを上げる。

・DFライン裏に出されたパスに対して、走りながらノートラップでクロスを上げる。

・GKとDFの間を狙って、グラウンダーの強くて速いパスを出す。

※ポイントはノートラップで上げること。

止まった状態からクロスを上げることは、試合中ほとんど起こらない。

ボールを止めたらDFは奪いに来ます。

そして、走って追いついたパスに対して、一度トラップしてからクロスを上げると

DFがクロスを跳ね返す体勢を整えたり、FWへのマークを確認する時間を与えることになります。

ノートラップで上げることによってDFは後ろに走りながら対応することになりますし、

守りきる体勢を整える余裕がありません。

よって、試合中に得点チャンスを作ることを想定し、クロスを上げるトレーニングは

ノートラップで走りながら行ってもらいました。

【トレーニング~ボールタッチ~】

●その場で細かいステップを踏みながらのボールタッチ

(1)左右のインサイド→インサイドを細かく交互に。

(2)ダブルタッチ。右足→左足のダブルタッチから左足→右足のダブルタッチを交互に。

(3)片足でアウトサイド→インサイド→アウトサイド→インサイド

※両足行う。

(4)右アウトサイド→右インサイド→左アウトサイド→左インサイド→右アウトサイド→繰り返し

※両足でプレー。

(5)右アウトサイド→右足裏→左アウトサイド→左足裏→右アウトサイド→繰り返し

※両足でプレー。

【トレーニング~突破のフェイント~】

シザースフェイントを習得

・ステップを踏むことなく、その場で右足と左足交互にボールをまたぐ。

・その場で右足と左足交互に、ステップを踏みながら飛ぶようにボールをまたぐ。

・片足でボールをまたぎ、またいだ足とは逆足のアウトサイドでボールを押し出して、

押し出した足の足裏でボールを止める。

ボールを止めたら最初にまたいだ足で再度ボールをまたぎ、

またいだ足とは逆足のアウトサイドでボールを押し出して、

押し出した足の足裏でボールを止める。

これの繰り返し。

●コーチをDFに見立てて、ドリブル突破

シザースフェイントでディフェンスを抜く際にアウトサイドでボールを動かすが、

横ではなく、【斜め前】にボールを動かす。

横ではディフェンスを【かわす】だけで、抜くことが出来ない!

前にボールを運ぶ事によって、ディフェンスを抜ける!

※間合いを知るのがポイント!

ディフェンスに近づき過ぎると、シザースフェイントをする前に

詰められてボールを奪われる。

ディフェンスの足がボールに届きそうで届かない距離を見極めてボールをまたぐと、

シザースフェイントは有効。

目の前でボールをまたがれるとディフェンスはその動きにだまされる。

距離が遠いとフェイントにひっかからない。

<話した内容>

・練習では常に攻めるゴール方向を意識してプレーをすること。

 例えば対面パスの練習一つとってみても、試合中にずっと横を向いたままの

 パス交換などはほとんどありません。

 ディフェンスラインでのパス回し、中盤でのパス交換、トップへの楔のパスなど、

 試合中は横を向いたまたその場にボールを止めるようなプレーは皆無です。

 よほどキック精度が低くてフォームを修正しなければならないなら話は別ですが、

 自身のレベルアップを考えるならば試合を想定してプレーするべきです。

 試合を想定するとはどういうことかというと、トラップはその場に置くのではなく、

 次のプレーのためのボールコントロールを心がけたりすることです。

 試合をイメージしながら練習することは大事です。

 だからこそ試合で起こる様々なシチュエーションに対応することができるようになります。

 試合中に慌ててしまう選手の多くは、試合を想定して練習できていないのではないでしょうか。

 試合を想定して練習することの第一歩として、まずは攻めるゴール方向を意識して

 トラップすることから始めてみてください。

 そこからドリブル、パス、ロングキックなどプレーに変化をつけていくと、

 より良いです。

以上がマンツーマンでの小学生サッカー指導内容でした。

参考にしていただけたら幸いです。