ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

ボールを奪いに行くということ(20160525)ジュニアトレーニングH

5月25日(水)にH小学校の小学生を指導してきました。

1~2年生×6名、4,5年生×4名のチームトレーニングになります。

●ウォーミングアップ

・動的ストレッチ

※軽い動きを入れてストレッチ

●コーディネーショントレーニング

・長座の状態から手を使って起き上がり、15m程度ランニング

・長座の状態から手を使わないで起き上がり、15m程度ランニング

・うつ伏せの状態から手を使って起き上がり、15m程度ランニング

・うつ伏せの状態から横に一回転して起き上がり、15m程度ランニング

※回転した勢いを止めずに、スムーズに起き上がる。

・うつ伏せの状態から手を使わずに起き上がり、15m程度ランニング

※両足の膝を腰に引きつけて、股関節を曲げて起き上がる。

・うつ伏せの状態から下半身を回転させて長座の姿勢になる。

※右回り、左回り、両方行う。

・うつ伏せの状態から下半身を回転させて長座の姿勢になり、

そこから手を使って素早く起き上がり、15m程度ランニング

●ボールの奪い合い

・プレーヤー10名のうち5名がボールを持ち、他5名はボールを

持たない状態から始める。

・ボールを持っていない選手はボールを持っている選手(誰でも良い)から

ボールを奪いに行く。

ボールを奪われた選手は奪い返し(誰でも良い)に行く。

・1分後にボールを持っている選手5名が勝者。

●3対1

・上記ボールの奪い合いが発展したトレーニング。

試合と同じようにボールは1個。

・オフェンスの3人はDFにボールを奪われないようにパスを回し、

ボールをキープする。

・ボールを奪われたら奪われた選手もしくはパスカットされた選手が

DFになり、3対1を続ける。

●8対2

・プレーヤー全員でパスゲームを行う。

・可能ならば、4対1の局面を作る。

2人目のDFがフォローに来たら逆サイドへのパスを狙う。

・タッチ制限がないので、パスorキープどちらか最適なプレーを選択する。

●ステップトレーニング(1)

・ステップオーバーをその場で行う。

シザースのステップをその場で行う。

●ステップオーバーとシザースの解説

・実際に1対1の場面で、どのようにステップオーバーとシザースを使うのか、

デモンストレーションを行い、プレーをイメージしてもらう。

・インサイドでボールを横に動かす動作のフェイントとして

ステップオーバーを使い、逆に抜く。

・アウトサイドでボールを横に動かす動作のフェイントとして

シザースを使い、逆に抜く。

●ステップトレーニング(2)

・デモンストレーションを見てプレーがイメージ出来たと思うので、

再度その場でステップオーバーとシザースのステップを練習する。

目の前にDFがいることを想定して、フェイントを仕掛けるように。

●ライン突破の1対1

・3m幅のラインゴールを作り、1対1を行う。

・DFはゴールのライン上に立ち、横にだけ動ける。

しかし、オフェンスのドリブル突破に対して、一歩しか動けない。

一歩だけ動けるので、その一歩でドリブル突破を防ぐ。

・オフェンスはフェイント駆使して、DFを左右に揺さぶり、

なんとかして一歩動かすこと。

DFが一歩動いてその後動けない状態になってから空いているスペースに

ドリブルしてラインを突破する。

・ステップオーバー、シザース、ダブルタッチなどを使ってみる。

●2対2

・通常のゲームを2対2で行う。

・ドリブルで突破するのか、それとも味方との連携で突破するのか

ゲームを楽しむ。

●ゲーム

・全学年入り交じってゲーム。

上級生は下級生が楽しめるよう、プレーや声かえを工夫する。

<話した内容>

フットボールは相手ゴールにより多くシュートを決めたチームが勝つ

スポーツです。相手チームよりもシュートを多く決めるには、自分たちが

ボールを持つ回数と時間を増やすことが前提となります。

自分たちがボールを持っていなければシュートを打てないし、

攻めることもできない。

よって、フットボールの本質はボールを奪うことでもある。

ボールを持っている時のプレーを磨くのも良いし、

ドリブルやシュートが好きという考えを持つのも良いことだと思う。

しかし、ゲームになったら相手チームからボールを奪うことを

しなければならない。

相手がボールを持っていたらボールを奪いに行くことにも

チャレンジして欲しい。

それが好きなドリブルやシュートをするための第一歩でもあります。

【フットサルに関するご質問お申し込み方法】

namo.miraclon@gmail.com(コーチ宛)まで、

件名に「フットサル質問」とご明記の上ご連絡下さい。

多くの方からのご質問をお待ちしております。

コーチプロフィール

ランキングに参加しています。

ちょっとでも記事を気にいってくださいましたら、

バナーのクリックをお願いします。