ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

状況判断を早くする、判断能力を伸ばす!

にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ

全てのスポーツにおいて自分のおかれている状況を瞬時に把握し、
今何をすべきか、どのような行動が最適なのかを判断することは
その後のプレーや状況にものすごく影響を与えます。
F1などのモータースポーツでは、その一瞬の判断ミスが大事故に
繋がってしまいます。

フットサル・サッカーでの判断ミスや判断の遅さが事故を招くことはありません。
しかし、ボールを奪われて失点に繋がったり、得点チャンスを逃すことに繋がり、
最終的に勝利を逃すことになってしまいます。
 
逆に、その判断のスピードを早めたり、どのようなプレーが最適なのかを瞬時に
見極められたら、自分たちのチームにとって有利な状況を作り出せます。
フットサル・サッカーに必要な能力はボールコントロール技術や体力だけではありません。

技術があり、体力があり、大きな身体だったとしても最適なプレーを選択することが
出来なかったり、判断が遅ければ活躍することは難しいです。
ゴール前でのシュートチャンスでボールを止めずに打つのか、
それともトラップしてから打つのか。
自分で打つのか、それとも味方にパスを出すのか、など。
フットサル・サッカーでは常に最適なプレーの選択が求められます。

試合で活躍したり、より良い選手になるためにはメンタルの強さや判断力など、
目に見えない能力も必要です。

以下、簡単なトレーニングメニューを組んでみましたので、
チーム練習のウォーミングアップにいかがでしょうか?

*********************************

<判断能力向上トレーニング(1)>

・マーカーを4個使い、菱形のエリアを作る(約10m間隔)。
・プレーヤーは4人。
・体の向きは一人を見るのではなく、対角の選手と向かい合うようにして、
 右サイドの選手と左サイドの選手、そして正面の選手を見ること。
 常に自分以外の三人全員を見ること。
・各マーカーに一人ずつ立ち、ボールは4人で1個。
・ポジションチェンジすることを徹底。
・ボール保持者をA、右サイドをB、左サイドをC、正面をDとする。
・ボール保持者は左右どちらか好きなサイドへパスを出す。(正面はなし)
・ホール保持者はパスを出したらパス&ゴー。パスを出したサイドとは逆サイドに走る。
 ボール保持者AがBにパスした場合、AはCに向かって走る。
 CはAのためにスペースを空けると同時に、Aが空けたスペースを埋めるために
 Aが元いた場所へ走る。
・全員がスペースを空ける動きとスペースを埋める動きを繰り返す。

【ポイント】
・体の向きが悪いと判断も悪くなります。ボールウォッチャーはNG。
 ボールに集中してしまうと味方の空けたスペースがわからない。
 自分に向かって走って来た選手に気がつかない。
 体の向きを広角にし、自分以外の三人全員が見えるようにする。


<判断能力向上トレーニング(2)>
・マーカーを四つ用意し、四つのマーカーでY字を作る。
・マーカーはそれぞれ5m間隔。
・選手たちはY字の底辺に縦一列になって全員が並ぶ。
 選手たちの反対側(Yの頂点から3m離れた所にコーチは待機)
・コーチの合図で先頭は走り始め、先頭がY字の真ん中を越えたら
 後ろの選手たちは次々止まることなく走って行く。

パターン1)
コーチが左右どちらか一方の手を出すので、右手を出したら右斜め前方へ、
左手を出したら左斜め前方へ走る。

パターン2)
右手を出したら左斜め前方へ、左手を出したら右斜め前方へ走る。

パターン3)
右手がパーだったら右斜め前方へ、グーだったら左斜め前方へ、
左手がパーだったら左斜め前方へ、グーだったら右斜め前方へ走る。

パターン4)
右手がグーだったら右斜め前方へ、パーだったら左斜め前方へ、
左手がグーだったら左斜め前方へ、パーだったら右斜め前方へ走る。


<判断能力向上トレーニング(3):シュート練習>
・選手はそれぞれボールを手で持ち、センターサークルのキックオフマークを頂点に
 全員が縦一列に並ぶ。
・コーチは選手の正面3m手前で待機。
・選手はコーチに向かって手でボールをパスする。選手はパス&ゴー。
 投げたらすぐに真っすぐ走る。
 コーチがランダムで様々なボールを投げるので、ノートラップでシュートするのか、
 それともトラップしてシュートを打つのかを一瞬で判断する。
 右足で打つのか、それとも左足で打つのかも瞬時に判断する。
・トラップする場合もインサイド、インステップ、腿、胸、頭、
 どこでトラップするのかを一瞬で判断する。
 どうしたらすばやくシュートが打てるのかを判断すること。


<判断能力向上トレーニング(4):パスゲーム>
・ビブスを4色(4チーム)使ってのパス回し。
・青、赤、黄、白の4チームに分かれる。
・各チーム最大で4、5人。
・コーチが指定した色がディフェンス、他の3色がオフェンスとなり、
 パスゲームを行う。

(例)
コーチが「青」と言ったら、赤・黄・白の3色でボールを回し、
青がディフェンス。青チームがボールを奪いに行く。
ゲームの途中でコーチが違う色を言ったら即対応する。
青チームがディフェンスをしている最中、コーチが「赤」と言ったら
赤チームがボールを奪いに行き、青チームはパス回しに参加する。
攻守の切り替えをどれだけ早く出来るか、回りの色を見渡す視野の確保、
状況判断を鍛える。

**********************************


以上です。チーム練習の参考にしていただけたら幸いです。