ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

09,10/21(水) ユースフットサルノート

☆U-18参加メンバー:平、川、碓、裕、好、絢

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ペラドン(3タッチ、シュートはヘディング。1点マッチ)

・3対3

●リフティング

・メンバー全員で輪になってリフティング

・タッチ数は無制限で、パスする選手が次の選手に体の部位を伝える。

 パスを受けた選手は指示された体の部位で次の選手にパスする。

 パスする際にはまた体の部位を指定する。

・パスを出す時以外のリフティングはどの部位を使っても良い。

例)「頭!」と指示されてパスを受けた場合。

  頭で返せるようになるまでインステップで落ち着いてリフティングをし、

  体勢が整ったらボールを高く上げて、ヘディングで他選手へパス。

●GKのアップ

・メンバー全員でGKのアップを手伝う。

・正面グラウンダー→正面浮き球→左右グラウンダー→左右浮き球→

 左右グラウンダーのセービング→左右浮き球のセービング

・上記内容をノートラップで出す。

 縦一列になり、パスを一回出す度に列の後ろへ並ぶ。

●1対1のドリブル突破からのシュート

・DFはボールを保持した状態でゴールポスト脇に待機。

 オフェンスはセンターラインより奥の反対側コートの第2PKマークで待機。

・DFはドリブルし、センターサークル最後尾のラインに到達したらオフェンスにパスを出す。

 オフェンスにパスを出したらDFは腰を落として細かいステップを刻む。

・オフェンスパスを受けたらDFとの1対1のドリブル勝負をする。

 GKが守るゴールにシュートを打つ。

●2対2+GK

・GKは守備側と攻撃側に分かれて、攻守は固定する。

 守備側GKはセービング、攻撃側GKは手は一切使わずに足だけでのプレー。

 攻撃側の基本プレーはインサイドキックでのパス。

・2対2を行い、守備側がボールを奪ったり攻撃側がピッチ外にボールを出したら

 攻守が入れ替わり、バックパスorキックインorゴールクリアランスで一度

攻撃側GKへ戻す。

 攻撃側GKは足でボールをトラップし、入れ替わった攻撃側選手にパスを出す。

・攻撃側は何回でもGKへ戻せる。

・基本、1対1のドリブル勝負をしかける。

・攻守の切り替えを早くする。

・1本1分間のゲーム

・GKはパスの精度とスピードを高める。判断も早く。

●クワトロからの攻撃

・クワトロのパス回しをする。

・必ずパラレラからの攻撃でシュートまで持って行く。

・クワトロのパス回しから、どんな時でも最低限パラレラは出来るようにする。

●ペラドン

・3対3+フリーマン

・3タッチでシュートだけノートラップ。

 パスは3タッチ以内で回し、シュートチャンスがあれば1タッチでシュートを打つ。

 1タッチ以外のシュートはノーカウント。

・シュートを打つ時に味方全員がセンターラインを越えていないとノーカウント。

<話した内容>

・1対1のDFは腰を落として足を絶えず動かす。足が止まると切り返しに対応出来ない。

・利き足とは逆足でのシュートが苦手な選手は、利き足と同じフォームで蹴ることを意識する。

 蹴り足だけでなく、腕の振りと軸足の踏み込みも強く。

・クワトロのパス回しを覚える、エントロとパラレラも。

・10/24(土)Fリーグセントラル開催の観戦について

・練習着の受け渡しについて

・ビブスを所持していて休む場合は必ず他選手に預ける

・11/13,20(金)Fリーグボランティアの話

・月会費の話