ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,3/25(木) JYフットサルノート

☆U-15参加メンバー:盛、弘、鈴、原、晃、井、唐、西、堀、頼、元、歩、真、露

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ペラドン

・8対8

・3タッチプレー

・シュートはヘディング。

●ブラジル体操

・寒いので静的ストレッチではなく、動的ストレッチを行う。

・踵タッチ

・腿上げ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・股関節閉じる、開く

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

●3対1

・ボールは全てGKから出す。

・FPはセンターラインよりも後方(GKから見て奥)に下がり、

 右サイドライン際、コート中央、左サイドライン際の3箇所に分かれる。

・DF役は第2PKマーク付近で待機する。

・OFは全て1タッチプレー。2タッチ以上は禁止。

 パス8本以内でシュートまで行く。

 9本目がシュートは不可。最低でも8本目がシュートである事。

・DFはOFのパス本数を大声で数える。GKと連携してシュートブロックするため、

 OFのパスが何本目なのかGKに知らせる必要がある。

・OFが得点したらDFは同じ選手が連続して行う。

・OFがパスをミスしたり、シュートをミスしたらミスした選手がDFとなる。

・パスが8本を越えた場合は8本目のボールを蹴った選手がDFとなる。

・DFがパスの本数を数え忘れたら連続でDFを行う。

※GKを引き付けて、逆サイドのポストへ3人目が走り込んで無人のゴールに

 プッシュして得点するプレーが理想。

●ゲーム

・1stセット:真、鈴、井、頼

・2ndセット:堀、元、歩、原

・3rdセット:弘、唐、西、晃、盛

<話した内容>

・相手ボールの時はボール保持者に一番近い選手が体を当てに行く。

 楽な状態でボールを持たせたままにしてしまうと、自由にプレーさせてしまうので、

 危ない場面を作られたりシュートを打たれてしまう。

 体をぶつける事によって体勢が崩れるので、精度の高いプレーが出来なくなるし、

 ボールを奪いやすくなる。

 正面から体を当てにいっても簡単にかわされてしまうので、理想は横から当たりに行く。

 前にいる選手は死角となる後ろからボールを奪いに行けるので、ボール保持者から見えない

 後ろから体をねじ込むようにして当てる。

 そうすれば相手の体勢を崩せるのでボールは奪いやすくなる。

・利き足で打てないからといって利き足で打ちやすい位置へボールを運んでしまったら

 シュートを打つ角度がなくなって、結果得点に繋がらなくなる。

 失う物は何一つ無い練習試合で積極的にトライする。

 トライするから精度が高くなり、本番で武器になる。