ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,4/24(土) MIRACLONチーム練習

10,4/24(土)のMIRACLONチーム練習レポートです。

●アップ(1)

・コートを左右3周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ブラジル体操

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

・股関節回し前後左右

●アップ(2)

・片足の足裏でボールを前に押し出しながら歩く

・片足の足裏でボールを後ろに引きながら歩く

・両足インサイドのみでのドリブル(飛び跳ねず、歩くように)

・アウトサイドフックを使用してのドリブル(左右に揺さぶるように)

・インサイド、アウトサイド、足裏を使ってのターン。

 (FIXOの位置でDFが目の前にいると仮定して左右へのターン)

●動きながらのパス回し(旋回1)

・4人1組になり、旋回しながらのパス交換。

・FIXOがボールを保持した状態からスタート。

 FIXOが左ALAにパスを出すのが合図で、全員が左回りに旋回する。

・FIXOが左ALAにパスを出すと同時にPIVOは左サイドラインいっぱいまで開く。

 同時に右ALAが一度裏を取る動きをして、そこから一気にピッチ中央へ下りて行く。

 (鋭角に下りる動き)

 そこへ左ALAはくさびのパスを入れます。

 パスを出すと同時に左ALAはFIXOの位置(ピッチ中央)へ動き、元FIXOは右サイドの裏にある

 右コーナーアーク付近へ一気に走り出します。

 くさびのパスを受けた右ALA(現PIVO)はFIXOの位置に入った元左ALAにリターンパスを出します。

 その間に左サイドラインいっぱいまで開いた元PIVOは左ALAの位置まで下りて来て、

 現FIXOと平行の位置にポジションを取る。

 そして元左ALAはFIXOの位置から左ALAにパスを出し、再度旋回のパス回しを行う。

・これの繰り返し。

<狙い>

・右ALAが裏を取れればFIXOから右ALAへのロングボール。PIVOがファーポストへ詰める。

・左ALAが左サイドラインいっぱいまで開いたPIVOに縦パスを出し、右ALAがPIVOの位置に入って来て、

 ワンツーパスで崩す。

・FIXOと右ALAのパラレラorワンツーパスで崩す。

●ハーフコートゲーム

・4対4+GKのハーフコートゲーム。

 オフェンス側がセンターラインまで押し上げた状態からのハーフコートゲーム。

 DFは失点しないためのDFを実践する。

・PIVOは内絞り、両サイドのALAは縦切り、FIXOは振り向かせない、サンド等約束事を徹底する。

・オフェンスはALAとPIVOのワンツーパスもしくはFIXOとALAのパラレラを狙う。

●キックインの解説

・キックインのルール改正の話

・マイボールでのキックインについて(4人のポジション)

・相手ボールでのキックインについて(4人のポジション)

コーナーキックの解説

・相手ボールでのキックインについて(4人のポジション)

●ゲーム

以上