ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,5/31(月) JYフットサルノート

☆U-15参加メンバー:盛、西、堀、弘、原、晃、泰、井、隼、住、夏、勝、佑、勇、唐、裕、稜、秀、ソウ

●アップ

・コートを左右3周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ランジウォーク

・前後30mを一本ずつ。

・正しいフォームで行う。腰を落としたら膝が地面につくぐらいまでの位置を2秒キープ。

●3対1

・パスゲーム

・オフェンスは2タッチ

・パスが通るか通らないか、パスカットされるかどうか、ギリギリの駆け引きを楽しむ距離を考える。

・パスは強く、常にパスコース2つ作る体の向きを意識する。トラップは足裏でスムーズにボールコントロール出来るように。

●ブラジル体操

・つま先タッチ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。

 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。

 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●3対3~ボール奪取~

・ゴールクリアランスから始める。自陣ではオフェンス側の2人が両サイドラインに開き、

 GKからパスをもらえる位置につく。

 もう1人は相手陣内の第2PK付近でPIVOとしてのポジションにつく。

[ボールの奪い所]

(1)DF側はマンツーマンでマークにつくが、スタート時のポジションはGKから直接

 PIVOに当てられないように、2人共内絞り。

 GKからパスを受けた選手と同サイドの選手は、まず一番最初に縦のパスコースを防ぎ、

 そしてボール保持者が楽にプレー出来ないように体を寄せる。

 ここでボールを奪う事も考え、ルールの範囲内で体をぶつけ、縦を切ったままボール奪取を狙う。

(2)逆サイドの1人は横パスをカット出来るように少しサイドに開く。

 マーカーとの距離は4m程度。近すぎると裏を取られてしまうし、ボール保持者がパスを出さなくなる。

 わざとボール保持者がパスを出したくなる距離を取り、苦しい体勢から人任せのような

 パスを出して来たらパスカットを狙う。この横パスをカット出来たら得点の可能性が高まるので、

 スライディングしてでもパスカットを狙う。

(3)PIVOをマークしているFIXOは前線にいる味方に「言葉」でパスコースを切る指示を出し、

 DFの間へ下りた相手PIVOへパスを出させないようにする。

 前線のDFが内を切ってPIVOにパスを出させないようにした場合、ボール保持者は

 ライン際のドリブルしか選択肢は無い。

 よって、ライン際をドリブルした際にマンマークの選手は体を当て、体勢を崩させ、

 FIXOはライン際でボールを奪うために一気に寄せる。

 前線の選手とFIXOでサンドする。

[約束事]

(1)縦切り

(2)体を寄せる、ぶつける、楽にボールを持たせない。

(3)PIVOへのパスコースを消させる指示を出す。

(4)次に出るパスを予測して奪う。連動してボール奪取。

(5)ボールを奪うのは横パスか縦ドリブル。

<オフェンス>

・ゴールクリアランスを受けたボール保持者はファーストタッチで前を向く癖をつける。

 横を向いていては選択肢が横パスメインになってしまう。

 前を向く事で選択肢が縦、横、中の3つになる。

 自分の目の前のDFの立ち位置によってプレーを帰る。縦を切られていたら下りて来たPIVOを使って

 ワンツーパスで突破する。内を切られていたら縦ドリブル、もしくはPIVOとパラレラ。

 DFが密集しているようならば逆サイドへ一気に飛ばす。

 逆サイドへパスが出た時もPIVOは2対1の数的優位を作るため、真ん中のDFとDFの間へ入ってボール保持者と距離を縮める。

●ゲーム

・1stセット:原、晃、隼、佑、井

・2ndセット:盛、西、住、裕、夏

・3rdセット:泰、弘、堀、勇、唐

・4thセット:稜、秀、ソウ、コーチ

<話した内容>

・普段あまり試合に出られていない選手はどうしたら試合に出られるのかを考える。

 チームに欠けている要素、弱い部分を探すなど分析をする。

 例えば、スタメンを取りたいならば高レベルでの総合力が必要になる。

 3-0で勝っていて守備を強化する場面でチーム内に守備力の高い選手がいなければ

 その戦い方は難しいのだから、自分がそのポジションを取れれば登録メンバーに入れる。

 逆に0-1で負けていてどうしても得点が欲しい場面ではある程度の守備の弱さは目をつむってでも

 得点力のある選手を投入する事になる。

 という事は守備が苦手でなかなか登録メンバーに入れない選手はシュート精度や

 ドリブルのテクニックを磨けば試合に出るチャンスは一気に増える。

 チーム全体が暗く、盛り上げられるムードメーカーがいなければその役割を自分が狙う、

 攻守共に切り替えが遅い選手が多いならば、自分は誰よりも早く動く、そして体力の続き限り走る、

 というプレーを極めるなどを考える。

 チームを分析して、自分はスタメンを狙うのか、それともチームに足りない武器を身につけ、

 スペシャリストとしてベンチ入りを目指すのか。

 自分の目指すべき道を模索する。ただ漠然とチームに所属をしない。