ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,9/15(水) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:武、雄、孝

☆U-18参加メンバー:碓、健、露、浩、真、至、風、外

●ペラドン

・5対5+フリーマン

・3タッチプレー。シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

・ボールがラインを割ったら終了。

 プレーヤー全員でボールを外に出さないよう協力する意思が必要。

●円陣

・円陣を組み、全員が自分の今日一日の課題を発表。その後、気合入れ。

●ストレッチ

・静的ストレッチ。

・全員で大きな輪になって、1人1種目ずつ8×2秒。1周。

 指示する1人が4まで数えて、他全員で5~8。

・ストレッチの声出しはONとOFFの切り替えのため。

 「これから練習を始めるぞ!」と気持ちを切り替えるために、

 練習を始めるための準備なのだから、全員で大きな声を出す。

●1対1からのシュート

・ALAの位置でドリブル勝負し、DFをかわしてシュート。

・GKが前に弾いた時に必ず他選手が詰める。

・ドリブルはフェイント、体重移動、緩急など、抜くための工夫をする。

●セグンドでのプッシュ向上トレーニング

ペナルティエリア斜め45度の位置からファーポストめがけて強シュートを打つ。

・ファーポストに1人配置する。

・ファーポストの選手は自分めがけて飛んで来る強シュートに足を当ててゴールに向けてプッシュする。

※足を振り抜こうとするとシュートのスピードに対応出来ず、空ぶってしまう。強く蹴らなくても足に当てるだけで得点は奪える。

 それがセグンドのプッシュ。ファーポストへ飛んできたシュートに対して、足は当てるだけ。

 体の向きは必ずゴールに向ける。シュートを打つ選手を向いてしまうとゴールに飛んで行かない。

 外にクリアしてしまう。体の角度は重要。

 左ポストなら右足でプッシュ。右ポストなら左足でプッシュ。

コーナーキックからのシュート

・コーナーアークからライン際に真っすぐ下げたパスを走り込んでノートラップシュート。

・ファーポストへ他選手は必ず詰める。

※シュートをふかしてしまう選手はなぜシュートが上に行ってしまうのかを考える。

 ミスキックをした後に全く同じフォーム、同じタイミング、同じ踏み込みをしたらミスキックは続く。

 自分の技術を過信せずにシュートをミスしないように改善させて行く。シュート技術を向上させる。

 シュートに魂を込める。

<話した内容>

・まだまだ各自それぞれ伸ばさなくてはいけない技術が沢山ある事を謙虚に受け止める。

 特にシュートは得点及び勝敗に関わって来るものなので、「俺はシュートは下手でも良いや。他の選手が決めてくれるから。」

 といった甘い考えは捨てる。得点力の無い選手は上のレベルでは通用しない。

 ではどうしたらシュート精度が上がるか?一球一球、シュートを打つ時に

 覚悟を持って臨む。惰性で蹴るのではなく、自分の全てをこの一球に懸けるぐらいの気持ちで打つ。

・何かやりたい練習があれば当日その場で急に要望を出すのではなく、事前にノートに書いたりメールで伝える事。