ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,9/16(木) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:盛、晃、鈴、原、堀、頼、泰、井、住、夏、隼、佑、勝、勇、唐、寛、前、壮


●アップ
・コートを左右2周ずつドリブル。
 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。
 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●練習試合(一年生のみ)
・メンバー:隼、佑、勝、勇、唐、寛、前、壮+GKパワープレー要員として原、晃
・結果:1-1

●3対2~前プレ回避(1)~
・GKがボールを保持し、ゴールクリアランスからのスタート。
・オフェンスが3人、DFが2人。
・DFは横並びから始める。
・オフェンスはPKマークに1人、両ALAに1人ずつポジションを取る。3人が横一列になる。
・PKマークにいるFIXOにボールが出たら、DFのどちらかは寄せ過ぎない距離のまま
 左右どちらかのパスコースを限定していく。
 ALAにパスが出たら近い方のDFは縦を切る。
 最初にFIXOに寄せた選手はカバーリングのため後方に下がる。
 下がりながら1stDFへ指示を出し続ける。
・オフェンスはワンツーパス、パラレラ、ドリブルを駆使してセンターラインを越える。

●3対2~前プレ回避(2)~
・ゴールクリアランスからスタート。
 オフェンスの2人はペナルティエリアラインの位置でサイドラインいっぱいまで開いて横並び(平行)になる。
 もう1人はPIVOの位置に入り、トライアングルを作る。
・DFの2人は最初は内絞りでGKから直接PIVO当てされないポジションを取る。
・GKはオフェンス2人のうち誰に出しても良い。両サイドの選手は裏を狙ったり、
 フェイクの動きを入れたりする。

[ポイント]
・オフェンスの選択肢は4つ以上。 
 PIVOは張るだけでなくDFとDFの間に下りるプレーも必要。
・両サイドの選手が裏を狙って走った場合、1stDFはついて行かない。
 マンツーマンでついて行ってしまうと簡単にPIVO当てされてしまい、ボールを前に運ばれてしまう。
 両サイドの選手が上がって来たらDF2人は連動し、指示を出し合いながらボールを前に運ばせないポジションを取る。
 サイドの選手がボールを持ったら縦を切って寄せる。これだけで裏に蹴られなくなる。
 そして余っているDFがカバーリングの意識を強め、他の2人をケアする。
   
●3対3~前プレ回避~
・オフェンスの3人がPKマークの高さに横一列になり、ゴールクリアランスからスタート。
 GKがパスを出したらDFはボール奪取を試みる。
・GKからのパスを受けた選手にもよるが、ALAは目の前のDFとの駆け引きをし、
 裏を狙うのかフェイクでフリーになるのか工夫する。
 FIXOがパスを受けた場合、DFに寄せられる事が多くなるので、腕と背中でブロックし、
 DFをブロックしながら足裏でボールを転がすドリブルをするなど、ボールキープを徹底する。
 もちろんターンできるならターンしても良い。
※他にFIXOとALAのワンツーパス、パラレラ、ブロックなどを駆使して前からのプレスを回避する。
・オフェンスがハーフウェーラインを突破したらオフェンスの勝ち。
・DFはボールを奪ったら得点を狙う。

●3対3~ボール奪取~
・ゴールクリアランスから始める。自陣ではオフェンス側の2人が両サイドラインに開き、
 GKからパスをもらえる位置につく。
 もう1人は相手陣内の第2PK付近でPIVOとしてのポジションにつく。

[ボールの奪い所]
(1)DF側はマンツーマンでマークにつくが、スタート時のポジションはGKから直接
 PIVOに当てられないように、2人共内絞り。
 GKからパスを受けた選手と同サイドの選手は、まず一番最初に縦のパスコースを防ぎ、
 そしてボール保持者が楽にプレー出来ないように体を寄せる。
 ここでボールを奪う事も考え、ルールの範囲内で体をぶつけ、縦を切ったままボール奪取を狙う。
(2)逆サイドの1人は横パスをカット出来るように少しサイドに開く。
 マーカーとの距離は4m程度。近すぎると裏を取られてしまうし、ボール保持者がパスを出さなくなる。
 わざとボール保持者がパスを出したくなる距離を取り、苦しい体勢から人任せのような
 パスを出して来たらパスカットを狙う。この横パスをカット出来たら得点の可能性が高まるので、
 スライディングしてでもパスカットを狙う。
(3)PIVOをマークしているFIXOは前線にいる味方に「言葉」でパスコースを切る指示を出し、
 DFの間へ下りた相手PIVOへパスを出させないようにする。
 前線のDFが内を切ってPIVOにパスを出させないようにした場合、ボール保持者は
 ライン際のドリブルしか選択肢は無い。
 よって、ライン際をドリブルした際にマンマークの選手は体を当て、体勢を崩させ、
 FIXOはライン際でボールを奪うために一気に寄せる。
 前線の選手とFIXOでサンドする。

[約束事]
(1)縦切り
(2)体を寄せる、ぶつける、楽にボールを持たせない。
(3)PIVOへのパスコースを消させる指示を出す。
(4)次に出るパスを予測して奪う。連動してボール奪取。
(5)ボールを奪うのは横パスか縦ドリブル。

<オフェンス>
・ゴールクリアランスを受けたボール保持者はファーストタッチで前を向く癖をつける。
 横を向いていては選択肢が横パスメインになってしまう。
 前を向く事で選択肢が縦、横、中の3つになる。
 自分の目の前のDFの立ち位置によってプレーを帰る。縦を切られていたら下りて来たPIVOを使って
 ワンツーパスで突破する。内を切られていたら縦ドリブル、もしくはPIVOとパラレラ。
 DFが密集しているようならば逆サイドへ一気に飛ばす。
 逆サイドへパスが出た時もPIVOは2対1の数的優位を作るため、真ん中のDFとDFの間へ入ってボール保持者と距離を縮める。

●ゲーム


<話した内容>
・コーチが話した内容を鵜呑みにするのではなく、なぜ今コーチがこんな話をしているのか、
 何を言いたいのかを考える。
 人が何かを話したという事はそれだけ伝えたい何かがあるという事。その伝えたい「何か」を感じる事が出来れば
 他の人よりも得られる物は大きくなる。
・コーチのアドバイスはあくまでアドバイスであり、プレーの選択肢を増やしたりより良い方向へ進める
 というだけで、必ずそれをやらなければいけないという事ではない。
 その場の状況によって自分で最適なプレーを選択し、そこで行き詰まるようならばコーチの話を思い出す。
 自分の中で何か感じた物があるにも関わらず、それに封をしてコーチの話通りに進めるのは
 自分の可能性を潰してしまう危険がある。
 コーチの話を聞いて実行出来るのは良い事だが、それしか出来ないのは選手としての成長を止めてしまう。
 しかし、もし今のコーチではなく別の誰かがコーチになった時に良いプレーが出来るかどうかと問われれば
 「?」となってしまう。
 どのコーチの下でも良いプレーをし、試合で活躍し、選手として成長するためにはコーチに
 言われた事しか出来ないのはマイナスでしかない。
 コーチのアドバイスはアドバイスと割り切り、プレーの善し悪しやその状況に合わせたプレーは
 全て自分で決定し、実行に移すのがベスト。