ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,10/24(日) ユースフットサルノート

U-23参加メンバー:武、雄
☆U-18参加メンバー:碓、平、健、露、浩、裕、寿、蘭、櫻、外
☆U-15参加メンバー:西、井、泰、裕


●アップ
・コートをミドルパワーで5周、ランニングする。

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。

●ペラドン
・4対4
・3タッチでシュートは1タッチ。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。
 (PIVOの前に出て奪う)

●スライディングの解説
・滑り方と注意事項

●スライディング練習(1)
・2人1組になり、サーバーがボールを手で保持し、プレーヤーはサーバーと向かい合って待機。
・サーバーが左右にボールを転がすので、プレーヤーはスライディングで追いつき、
 滑った勢いでそのままサーバーへパスを出す。スライディングパス。
 パスを出したら素早く立ち上がり、サーバーが逆サイドへボールを転がすので、
 再度スライディングし、サーバーへパスを出す。
 1人10本プレーする。
・踵から滑る。

●スライディング練習(2)パスカット~パスの予測と奪い方~
・4人1組になり、FIXOがボールを保持してパスの受け手としてサイドラインいっぱいに
 2人が両ALAの位置を取る。
 プレーヤーは4人がちょうどダイヤになるようにFIXOと向かい合った位置で待機する。
・FIXOは体の向きを左右どちらかにはっきり向ける。プレーヤーはFIXOの向きを判断材料に、
 左右どちらにパスが出るかを予測する。
 そしてパスが出たら奪いに行けるように腰を落として足を細かく動かし準備をする。
・FIXOは両サイドどちらかのALAにパスを出すが、プレーヤーが全力で走ればパスカット出来そうな
 ギリギリのスピードのパスを出す。
 プレーヤーが全く追いつかない速いパス、楽にカット出来る遅いパスは無意味なので出さない。
 プレーヤーが全力で走って、最後滑ればパスカット出来るようなパスを出す。
・プレーヤーは滑ってでもボールを奪う気持ちでプレーする。
 スライディングでパスカットをして、それが外にクリアするような形になっても
 一度プレーが切れてキックインからの再開となるので問題無い。
 スライディングでパスカットをするとチームも盛り上がるので、トライする。

●ゲーム
1stセット:碓、健、平、裕、寿
2ndセット:蘭、櫻、外、武
3rdセット:西、泰、井、裕


<話した内容>
・ユースチームの練習に参加したJrユースはせっかくユース練習で良いプレーをしても、
 中学生相手の試合でふがいないプレーをしてしまったらイメージダウンになるし、
 Jrユースの練習で気の抜けた態度をとったり、手を抜いたプレーをしたらレベルアップなど
 出来る訳がない。
 ユース練習で得た課題や経験を基にJrユースの練習で修正及び改善する。
 それが出来れば自然とレベルアップして行く。重要なのは心構えと練習に取り組む姿勢。
 何のために練習に参加をするのかを考えれば、1つ1つの練習を無駄に出来るはずがない。
・そろそろ3年生は進路について考え始めましょう。
・ユースチームも選抜組が非常に良い経験を積み、それに触発されるように他メンバーが力をつけつつあります。
 チーム全体の力が底上げされて来ているので、競争が激しいし、レベルが高くて先が楽しみです。