ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,3/2(火) ユースフットサルノート

☆U-18参加メンバー:川、碓、高、絢、蘭、梯

☆U-15参加メンバー:露、真、丸、元、原、晃、井、堀、歩

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ペラドン

・7対7

・3タッチプレー

・シュートはヘディング。

・前からボールを奪いに行く事。縦切りで、真ん中でのパスカットを狙う。

●ブラジル体操

・寒いので静的ストレッチではなく、動的ストレッチを行う。

・踵タッチ

・腿上げ

・後ろに足振り上げ

・外側真横に足振り上げ

・股関節閉じる、開く

・腰振り

・肩甲骨閉じる、開く

・腕振り上げ

・肩回し

●スキップ

・子供スキップ(小さくダラダラとしたスキップ)

・ノーマルスキップを20mの距離を1往復。前後左右行う。

(腕と足を大きく振りながら綺麗なフォームでのスキップ)

・小さく細かく速くステップを踏むスキップを1往復。距離は20m。

・爪先タッチスキップ

・かかとタッチスキップ(背中越しに逆手でかかとをタッチ。右手で左足かかと)

・サイドステップ(20mを左右1本ずつ)※サイドジャンプではなく、ステップ!

・クロスステップ(細かく)左右

・ツイスト(細かく)左右※ツイストジャンプではなく、ステップ!

●GKアップ

・ロングスロー

・正面上下キャッチ、左右セービング

・左右セービング(足)

●3対2

・6分間ひたすら3対2をめまぐるしく行う。攻守の切り替えを早く!

・オフェンスのプレーが切れたら即攻守を入れ替える。

・オフェンスから1人抜け、ゴール裏からボール保持者がオフェンスになって出て、

 元ディフェンスの2人とあわせて3人で攻撃。

・6分ゲームを3本。

・3対2のカウンターではボール保持者が頂点の逆三角形にならなくてはいけない。

 ボール保持者が最後尾になり、両サイドが早く攻めあがる事でパスコースが増えるし、

 相手のDFが整う前にシュートまで持って行ける。

・味方が追いつかないパスはもったいない。

・マイボールを大事にする。

・3対2はサッカーもフットサルもセオリーは同じ。

・ディフェンスはつるべの動き。1stがパスコース限定、2ndが寄せる。

 2ndが寄せたら1stはすぐに下がる=カバーリングを徹底。

・ボールホルダー(ドリブル)が頂点にならない。他2人は全力でサイドを駆け上がる。

 ボールホルダーが底辺の逆三角形。

 ボールホルダーを追い越す動きを徹底する。

・パス&ゴーを徹底。ワンツー3本でラストはファーポストで無人のゴールにプッシュが理想。

●Y(イプシロン)の形からのボール奪取確認

・前から積極的にボールを奪いに行くが、DFの陣形は前から2-1-1となるY(イプシロン)。

・常に縦のコースを切って、真ん中で奪う。FIXOはサイドにPIVOが開いてもついて行かず、

 1stDFに縦のコースを切らせて出させないようにする。

・相手がダイヤの形だろうがBOXだろうが、陣形は2-1-1。

 前の2人は常にFIXOとALAの2人を見る。マークは受け渡してかまわない。

 ただし、前の2人の体の向きは常に半身。FIXOとALAの2人を1人で見なくてはいけないわけだから、

 半身にならなければマークを見失って裏を取られてしまう。

 要注意。

・相手の選手が裏に走った際、前のDFがマークについて行くとY(イプシロン)陣形が崩れてしまうので、

 後ろの選手が指示を出してマークの受け渡しを多用する。

 Yを崩さない。真ん中でボールを奪う。

・ボールを奪うためのディフェンス陣形なので、前から奪いに行く。

 ボールの奪い所を後ろの選手の指示ではっきりと全員に伝える。

●ゲーム

・1stセット:碓、川、高、梯、絢

・2ndセット:蘭、真、丸、歩、露

・3rdセット:堀、原、晃、井、元

<話した内容>

・高校生フットサルフェスティバルについて

・来期のジュニアユースについて

・ユニフォームについて

・ボールを奪う際には自分から体を当てに行く。体を当てるのを恐がって躊躇したら、

 当たる準備をしていないわけだから、怪我をしたり吹き飛ばされる恐れがある。

 だからこそ、体が接触する際には自分から当たりに行く。自分から行けば当然

 当たる準備をしているわけだから、体が固くなり多少の当たりには耐えられる。

 結果、怪我する可能性は低くなるし、吹き飛びもしなくなる。

・ジュニアユースはまぐれだったとしても、東京都女子フットサル選抜チームに勝った事は確かなのだから、

 高校生相手にもひるまず、勝てる・良いプレーが出来ると自分を信じてプレーをして欲しい。

 高校生に劣っているという事は決して無い。

 通用する!と強い気持ちを持つ事が大事。