ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,7/26(月) JYフットサルノート

☆U-15参加メンバー:原、晃、弘、西、頼、井、泰、住、勝、佑、清、唐、隼、裕、稜、礁、譲(体験)

●アップ

・コートを左右2周ずつドリブル。

 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。

 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●ペラドン

・9対9

・3タッチでプレー、シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

●ストレッチ

・静的ストレッチ。

・ゆっくり深呼吸しながら1種目10~15秒。

●雷雨のため1時間中断

●ペラドン

・9対9

・3タッチでプレー、シュートはヘディング。

・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。

 (PIVOの前に出て奪う)

●3対1

・ボールは全てGKから出す。

・FPはセンターラインよりも後方(GKから見て奥)に下がり、

 右サイドライン際、コート中央、左サイドライン際の3箇所に分かれる。

・DF役は第2PKマーク付近で待機する。

・OFは全て1タッチプレー。2タッチ以上は禁止。

 パス8本以内でシュートまで行く。

 9本目がシュートは不可。最低でも8本目がシュートである事。

・DFはOFのパス本数を大声で数える。GKと連携してシュートブロックするため、

 OFのパスが何本目なのかGKに知らせる必要がある。

・OFが得点したらDFは同じ選手が連続して行う。

・OFがパスをミスしたり、シュートをミスしたらミスした選手がDFとなる。

・パスが8本を越えた場合は8本目のボールを蹴った選手がDFとなる。

・DFがパスの本数を数え忘れたら連続でDFを行う。

※GKを引き付けて、逆サイドのポストへ3人目が走り込んで無人のゴールに

 プッシュして得点するプレーが理想。

●ゲーム

・1stセット:原、晃、弘、隼

・2ndセット:頼、井、西、泰、住

・3rdセット:唐、勝、清、裕、

・4thセット:佑、稜、礁、譲

<話した内容>

・誰か一人でもルールを破ってしまってはゲームは成立しない。

 パス8本以内で得点すれば勝利というルールで、DFがパスの本数を数えなかったら

 オフェンスが現在何本パスを繋いでいて、得点した際にパスは8本以内だったのかわからない。

 パスの本数がわからない以上、シュートが決まったとしても得点は認められない。

 このような練習の中からルールを遵守するという姿勢を学ぶ。

・フットサルはFP4+GK1人で成り立つ競技である以上、チームのために考えたプレーでなければいけない。

 チームに迷惑をかけてしまってもそのミスを帳消しにすれば良いが、空き放題プレーし、

 味方にも迷惑をかけたまま「自分が全て」という選手はチームとして受けられない。

 団体競技を選択した以上、仲間と協力しあう事は必要最低条件。

・ボールを触ってフットサルをプレーする事を楽しむ。自分で楽しむ努力をする。

 どうしたら楽しいものになるかを考える。

 つまらないままやっていたらもったいない。自己主張、意見交換を行う。